⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

メルビンジェネリックとは?詳細を解説!

メルビンジェネリックは血糖を下げることを目的とする糖尿病の治療薬です。血液中のブドウ糖が、エネルギー源として多く使われるようにするなど、3種類の作用で血糖を下げます。

メルビンジェネリックの適応症

この薬を使う対象は、インスリンに依存しない2型糖尿病の人です。中でも食事療法や運動療法で効果が出ない人、スルホニル系の血糖降下剤が効きにくいか、副作用で使えない人になります。

購入は個人輸入

メルビンジェネリックは、塩酸メトホルミンが有効成分の血糖降下剤です。この成分はビグアナイド系に分類されます。ジェネリックメーカーのアポテックスが製造しており、国内では個人輸入代行会社のサイトから購入できます。

メルビンジェネリックの副作用を考察する!

riskpic_1

主な副作用

メルビンジェネリックの成分メトホルミンは比較的副作用が多めに出るといわれます。現われる頻度が高いものは次のようになります。ほとんどが消化器系統の症状になっています。

  • 下痢
  • 腹痛
  • 食欲不振
  • 悪心、嘔吐
  • 発熱
  • 発疹・かゆみ

光過敏症に注意

光過敏症がおこる可能性があります。メルビンジェネリックを使っている間は日に当たらないように注意してください。他に薬品に対するアレルギーの可能性もあります。かゆみや発疹が出たら使用を止めて医師に相談してください。

低血糖

低血糖はもっとも注意すべき副作用です。薬の作用で血糖値が下がりすぎることがあり、体のエネルギーが不足します。次のような症状が起こります。

  • めまい
  • 力が入らない脱力感
  • けいれん
  • 意識がぼんやりするなどの

同じ量の薬を飲んでいても、体調が悪い時、たとえばおう吐や下痢などがあるとか、高い熱が出ている時に低血糖が起こりやすくなります。このような時に薬を飲む場合は、体調や気分の変化に気をつけてください。

低血糖の前兆に注意

低血糖が起こる前には前兆が感じられることがよくあります。次のような前兆に気づいたら急いで砂糖や甘いジュースを飲みます。できればブドウ糖のほうが、吸収がいいので回復が早くなります。

  • ふらふらしたり
  • 手がふるえたり
  • 動悸

乳酸アシドーシス

成分のメトホルミンに特徴的な副作用です。現われる頻度は非常に低いのですが、死亡率が50%にもなるといわれるので、絶対に起こさないように注意しましょう。

血液中に乳酸がたまり血液が酸性になった状態で、次のような症状があります。

  • 腹痛や嘔吐
  • 倦怠感
  • 傾眠
  • 昏睡状態
  • ショック状態
  • 全身痙攣
  • 息苦しさ
  • 過呼吸など

持病がある人、高齢者、脱水、飲み始めなどのときに起こりやすくなります、注意してください。
【参考サイト:https://ds-pharma.jp/product/metglco/pdf/metgluco_tab_tenpu.pdf

重い副作用

めったに起こりませんが、重い副作用に肝臓の異常、横紋筋融解症があります。それぞれ次のような症状が現れます

肝臓の異常

  • だるさ
  • 食欲不振
  • 発疹
  • かゆみ
  • 皮膚や白目が黄色くなる
  • 褐色の尿など

横紋筋融解症

  • 筋肉痛
  • 歩けない
  • 赤褐色の尿など

使ってはいけない人

アシドーシスの危険

副作用の乳酸アシドーシスになるおそれがあるため、次のような人はメルビンジェネリックを使ってはいけません。

  • 肝臓に重い障害のある人
  • 腎臓に障害のある人(中等度以上)
  • 心臓に障害のある人
  • 重い肺の病気がある人
  • お酒をたくさん飲む人
  • 妊娠中の人
  • ヨード造影剤を使う予定の人

体調不良の危険

病状や体調を悪化させる可能性がありますので、次のような人もメルビンジェネリックを使ってはいけません。

  • 何らかの病気がある人/
  • 栄養不良
  • 衰弱した人
  • 血糖降下剤や降圧利尿薬で過敏症状の経験がある人
  • 大きなけがのある人

併用注意

効果が重複する薬

次のような薬は、使う前に必ず医師に安全の確認をしてください。血糖降下作用が重複して低血糖を起こす可能性があります。

  • サリチル酸系解熱鎮痛剤
  • β(ベータ)ブロッカー製剤(抗うつ・不安薬)
  • 蛋白(たんぱく)同化ステロイド剤(筋肉増強剤)
  • スルホニル尿素系血糖降下剤
  • インスリン製剤
  • MAO阻害剤(抗うつ薬)

併用により効果が弱める薬

次のような薬は、メルビンジェネリックの効果を弱める働きがあります。併用しないよう注意が必要です。

  • 喘息薬のエピネフリン
  • ステロイド剤
  • 甲状腺ホルモン剤
  • 卵胞ホルモン剤
  • 利尿剤
  • 抗結核剤のイソニアジド系製剤
  • フェノチアジン系の抗精神病剤

メルビンジェネリックの効果を考察する!

thinking

メルビンジェネリックの成分メトホルミンにはいろいろな作用がありますが、これらはすべてAMPK(Adenosine5′ Monophosphate activated Protein Kinase)という酵素を活性化させることで生じていると考えられています。

メルビンジェネリックの作用

血糖を下げる薬には、その働きによって2種類あります。血糖を下げる作用があるホルモンのインスリンをふやすものと、インスリンに頼らず血糖を下げるもので、メルビンジェネリックは後者のインスリン非依存型になります。

血糖を下げる3つの働き

この薬には、次のような3つの働きがあります。

  • 血糖が筋肉などの組織に取り込まれて、エネルギーに変わりやすくする
  • 肝臓に貯蔵されている血糖が血液中に出てこないようにする
  • 小腸から糖質が吸収されるのを抑える

その他の作用

他に、実用的かどうかは別として、抗がん作用やアンチエイジング作用も確認されています。また、食欲抑制作用があることも知られています。長い歴史のある古い薬ながら、現在でも広く使われています。

メルビンジェネリックの効果

糖の移行促進

成分のメトホルミンには、筋肉や脂肪組織のような、エネルギーを消費する部分に血液中の糖が取り込まれやすくする働きがあります。糖が取り込まれることで血液の血糖値が下がり、糖尿病の改善が期待できます。

メトホルミンは、糖が血液から筋肉などの組織へ移動するシステムに直接働きかけます。インスリンがなくても単独でこの働きができるため、膵臓のインスリン分泌機能が弱った人にも効果が期待できます。

肝臓内の糖放出抑制

糖質は肝臓内でグリコーゲンとして貯蔵されています。通常使うものではなく、予備エネルギーとしてのものです。成分のメトホルミンはグリコーゲンが分解されて血液中に放出されるのを抑えるので、血糖値の改善につながります。

吸収抑制

食事から摂ったでんぷんや糖質などの炭水化物は、消化されて小腸から吸収されます。メトホルミンは小腸の機能に作用して、糖が吸収されるのを抑える働きをします。この結果血液中に含まれる糖が減り、血糖値が下がります。

食欲抑制

成分のメトホルミンには、食欲を抑える働きがあることが知られます。作用の仕組みは明確ではありませんが、グリレンという食欲を増大させるホルモンが出るのを抑え、食欲を抑えて食べ過ぎを防いでいるのではないかと考えられています。

一方で、GLP-1という食欲を抑える物質があります。メトホルミンはこの物質の働きを強めるという報告があり、この作用も食欲の抑制に関わっている可能性があります。いずれにしても食欲の抑制作用があることは事実のようです。

その他の効果

抗がん作用

糖尿病の人はがんになりやすいとはよく知られています。そのうち、メトホルミンを使っている人は、すい臓がんや前立腺がんの発生率が低いという報告があります。理由は不明ですが、AMPKへの活性化が関係すると考えられています。

アンチエイジング

動物実験の段階ですが、メトホルミンの影響で寿命が延びるとされています。これもAMPKの活性化によるものと考えられます。海外での話ですが、人間への使用に向けて臨床試験が行われているということです。

メルビンジェネリックの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

メルビンジェネリックを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★
2型の糖尿病です。糖質制限の食事療法をしていて、付き合いなどでたまに外食になる時用に使っています。病院で処方してもらったアマリールは膵臓に負担がかかるので、こちらに替えてみました。

最初は半錠から飲み始めましたが、けっこうひどい下痢が出ました。それで四分の一に割って飲むと何とか収まりました。もう少しして慣れた頃に量を増やすつもりです。始めて間もないので、副作用だけで効果は不明です。

副作用は始めのうちだけ出ることが多いようです。慣れた頃には効果も期待できるでしょう。

評価 ★★★★★
病院ではメルビンを処方してもらって飲んでいます。それがなくなったときに飲むようにしています。成分が同じなので、違いは何も感じられません。処方薬とジェネリックとで半々ぐらいの割合になっています。

病院へ行くと診察・検査があって薬が処方されるのは、そういう手順になっているので仕方ないのですが、それよりもジェネリックが安いというのが何とも魅力的です。処方を止めて全面的にジェネリックにしたいとさえ思います。

できれば全部ジェネリックにしたい気持ち、よくわかります。処方料は、もし副作用が出た時の保険料と思いましょう。

評価 ★★★★
食後に起こる、高血糖による眠気対策と、ダイエットの目的で使っています。早速飲んでみたところ、眠気はすぐになくなりました。ダイエットのほうは今のところ何とも結果が見えてないように思います。

食事はふだんと変わりなくおいしく頂いていますが、満腹感が起こるのが少し早く、あまりたくさん食べないうちに満腹になります。効きそうな感じがするので、これからしばらく続けていこうと思います。

ダイエットも効果が見えていますね。食欲がおだやかになって食べ過ぎが抑えられているので、体重が減るのも間もなくでしょう。

評価 ★★★★
糖尿病とは言われていませんが、予備軍なのは確かです。これ以上進行しないよう、用心のために飲んでいます。このサイトのメルビンジェネリックは、値段が他社より安いので大変うれしいです。

糖尿病予備軍なので、血糖値は測定器を買って自分で管理し、薬の調整もしています。いちいち病院へ行って検査や診察を受けなくても、このサイトで手軽に買えるので、手間がかからず助かっています。

注意深く節制されているようです。病院いらずが長くつづくといいですね。

評価 ★★★★
2型の糖尿病です。精神的に不安定な時があって、抗うつ剤を飲んでいたら過食肥満体になりました。メルビンジェネリックを飲み始めると食欲が落ちてきて、食事の量が次第に少なくなりました。無理のない減量が自然にできています。

副作用は軽い吐き気を感じるぐらいで、特に気になる症状はありません。ただ、低血糖になるといろいろ怖い症状が出るらしく、用心のために測定器を買いました。自己測定でこまめにチェックしています。

我慢せず苦しくない減量は理想的ですね。血糖値も体重に比例して下がって行くでしょう。

評価 ★★★★★
飲み始めて2ヵ月たちました。500mgの半錠を毎食前に飲んでいます。血糖値のほうですが、最初のころは138などの数字が当たり前に出ている状態でした。それが、飲み始めると、120などの数字が見られるようになりました。

それからも低下傾向が続き、ちかごろは97とか105といった数字になっています。このところは100前後で安定してきたようです。副作用は一切ないままでした。安心して今後も飲み続けたいと思います。

順調な経過です。副作用がなければ気分的に楽でしょうね。今の数値を維持しましょう。

評価 ★★★★★
2型の糖尿病になって、病院でジャヌビアを処方されました。飲み続けて5年間たちましたがa1cの数値はよくならず、痩せもせずといった状態でした。この薬を飲み始めるとすぐに数値は下がりはじめました。

4ヵ月前タバコをやめて5kgふえた体重も下がり続けています。病院には何も言ってないので、医師や看護師は不審がっています。この薬は病院よりも信頼できる、なくてはならないものになりました。

5年も改善しなかったのが急によくなって、病院が戸惑うのも当然でしょう。併用なので低血糖には注意してください。

定番サイトでもっとレビューを見る

メルビンジェネリック通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

メルビンジェネリックは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

メルビンジェネリックを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにメルビンジェネリックを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

メルビンジェネリックの取り扱い価格を比較してみます。

1箱60錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 2,638円 2,390円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする