⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

リピトールジェネリックとは?詳細を解説!

リピトールは、スタチン系薬剤に分類されるコレステロールを減らす薬です。脂質異常症治療薬としては代表的な薬といえます。アメリカのファイザー製薬が製造しており、現在はリピトールのジェネリックも多く販売されています。

リピトールの有効成分は、アトルバスタチンです。アトルバスタチン10mg、20mg、40mg、80mgがあり、服用量は症状によって異なります。

リピトールは、個人輸入であれば、日本国内でリピトールジェネリックを購入するよりも安い価格で、先発薬を購入することができるので、大変お得です。

リピトールジェネリックの副作用を考察する!

riskpic_1

起こりやすい副作用

リピトールの副作用として目立っているのは、次のような消化器系の不調です。

  • 胃の不快感
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘など

その他には、体のかゆみや指のしびれ、頭痛、倦怠感なども確認されています。

臨床試験において、全体の8.7%にこのような症状を含む、何らかの副作用が出たという報告があります。

重大な副作用

重大な副作用としては、横紋筋融解症と呼ばれる症状に注意が必要です。筋肉の細胞内の成分が血液中に流れてしまう病気で、ひどくなると腎障害などが生じます。

このような副作用が起きることはまれですが、気になる筋肉痛などを感じたら早めに医療機関を受診してください。

また、腎疾患を持っている人は、このような副作用が起きやすくなります。事前に医師に相談の上、服用するようにしてください。

【参考サイト:http://www.e-pharma.jp/druginfo/tempbunsyo/2189015F2020

服用時の注意点

リピトールは主に肝臓で代謝されるため、肝障害のある人の服用は注意が必要です。また、リピトールには併用すると危険な薬があります。

一部の抗真菌薬や、経口避妊薬なども、併用禁止の薬に含まれています。何らかの薬を服用中の人は必ず、医師や薬剤師に事前に確認するようにしましょう。

妊娠、授乳中の方も注意

胎児に影響を与えるおそれがあるため、妊娠中の人や妊娠の可能性のある人は服用できません。授乳中の人も、薬の成分が母乳に移行することが分かっていますので、服用を避けてください。

眠気に注意

まれにですが、副作用として眠気を感じる人もいます。服用中は車の運転や機械の操作には注意するようにしましょう。

また、グレープフルーツジュースは薬の成分の血中濃度を高め、効果が強く出すぎる危険があります。服用中は避けるようにしてしてください。

リピトールジェネリックの効果を考察する!

thinking

リピトールは、HMG-CoA還元酵素阻害薬とも呼ばれています。名前の通り、HMG-CoA還元酵素の働きを阻害。肝臓でコレステロールが生成されるのを抑えます。

さらには、この作用によって血液中の悪玉コレステロールが取り込まれ、血中コレステロールを減少させることもできます。

リピトールの適応症

脂質異常症(高脂血症)は、血中のコレステロールが多くなる症状で、動脈硬化を引き起こしやすくなります。そうなると、脳卒中や心筋梗塞などのリスクも高まってしまいます。

そのような脂質異常症、また遺伝による脂質異常である家族性高コレステロール血症の治療にリピトールは効果を上げています。

正しい服用方法

リピトールの服用方法は、通常成人で1日1回、アトルバスタチン10mgとなっています。症状によって増量する場合もありますので、その場合は医師の指示に従ってください。

服用時間は指定されていませんが、コレステロールの生成は夜に高まるため夕食後の服用が効果的といわれています。

作用時間

リピトールの効果は、服用後1時間ほどで現れてきます。効果が続くのはおよそ10時間。持続時間の長い薬です。薬の服用期間は、定期的な検査を行ないながら、医師の判断に従いましょう。

脂質異常症の改善には、薬だけでなく良い食習慣、生活習慣が必須です。薬の服用に加えて、バランスの良い食事や、適度な運動も心掛けるようにしましょう。

リピトールジェネリックの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

リピトールジェネリックを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。

2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
毎回健康診断で、血液検査のコレステロール値が大きくオーバーしていました。そのため、検査の3ヶ月前からリピトールを飲み始めました。

40mgを購入していますので、4つに割り10mgにして1日1回、就寝前に飲んでいます。血液検査の結果は、コレステロール値が、上限値に近い値まで下がりました。これは効果ありです。

服用3ヶ月で、数値にしっかりと効果が現われたようでよかったですね。

評価 ★★★★★
私はコレステロールの数値が高めです。それで、これまではコレステロール値を下げるために、病院で医師から処方された薬を飲んでいました。

しかし、こちらで売られているリピトールの方がコストパフォーマンスがかなり高いということを知って、さっそく購入してみました。40mgを、ピルカッターで割って服用しています。

継続して服用する薬なので、費用対策も大切ですよね。処方薬から切り替えても、問題なく服用されているようなので安心です。

評価 ★★★
動脈硬化を予防するために購入しました。始めのうち、40mgの錠剤を毎日1錠ずつ飲んでいたら、手の指先がカサカサになり、爪のまわりの皮膚がささくれのようになったりしてびっくりしました。

今は、ピルカッターで4分の1にして10mgを飲むようにしています。薬を飲んでいるおかげで、お腹周りがスマートになりました。

早めに10mgに減量されてよかったです。用量以上飲んでしまうと副作用が出やすくなるので注意が必要しましょう。

評価 ★★★★★
中性脂肪が高いため、リピトールを1ヶ月ほど試しに飲んでみました。最初は半信半疑で飲み始めたのですが、前回の健康診断では300を超えていた中性脂肪の値が、今回は基準値に近づいていました。

私の場合は、これまで特に副作用も起きていません。リピトールは安全で効果もしっかりあるのでとても便利な薬だと思います。

1ヶ月の服用ですが、良い効果が見られたようです。副作用も起きていないようで、継続するのも安心ですね。

評価 ★★★★★
継続的に服用していますが、薬を処方してもらうためだけの通院がとにかく苦痛でした。たった1、2分の診察で1,200円から1,500円かかり、待ち時間は1時間。薬代も別にかかります。

こちらでリピトールを購入している方は、みんな同じ思いでいるのではないでしょうか。私は自覚症状がないので、薬の効果の実感もありませんが、血液検査は定期的に受けるようにしています。

病院で継続的に薬をもらっているという方には特にお勧めですね。定期的な検査さえ怠らなければ、十分時間とお金の節約になるのではないでしょうか。

評価 ★★★★★
閉経前後のコレステロール値が不安定だったため、病院で医者に気をつけるように言われ、薬を処方されていました。

病院で処方されていた時と同じ量を飲み続けていたら、健康診断でコレステロール値を注意されることがなくなりました。副作用も一切ありませんし、体質が変わるまで1年間ぐらいは続けていこうと思っています。

更年期や閉経後にコレステロール値が高くなるというのはよくあるようです。そのような症状にもリピトールがあれば安心ですね。

評価 ★★★★★
健康診断で、肥満と診断されてしまいました。コレステロール値と血糖値を下げないといけないので、生活習慣の改善をしてくださいと言われています。

食習慣の改善なども気を付けるようにしていますが、コレステロール値を下げるためにリピトールを購入してみました。効果がちゃんと出ているようなので、これからも続けたいと思います。

生活習慣、食習慣の改善と共にリピトールを使用するのが、一番効果的ですね。2重効果で肥満が改善されるといいですね。

定番サイトでもっとレビューを見る

リピトールジェネリック通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

リピトールジェネリックは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。

「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。

例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。

とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

リピトールジェネリックを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。

では、どのようにリピトールジェネリックを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。

簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。

あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。

送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。

ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。

こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

リピトールジェネリックの取り扱い価格を比較してみます。

1箱30錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 2,517円 2,420円
2箱 4,256円 4,180円
3箱 5,611円
6箱 9,858円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。

最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする