⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

クロミッドジェネリックとは?詳細を解説!

クロミッドジェネリックは、排卵障害による不妊症治療薬です。クエン酸クロミフェンを有効成分としており、女性の排卵を促す効果によって不妊治療に使われます。不妊治療では最初に使われる事が多く、代表的な排卵誘発剤といわれます。

男性にも適応

性腺を刺激して活動を高める作用から、男性の不妊症治療に使われることもあります。また、タンパク同化ステロイドの使用で、精巣(睾丸)の機能が弱くなっている状態の改善、または予防に利用する例も見られます。

購入するには個人輸入

注射で使うこともありますが、毎日のように通院が続くと体力的、経済的な負担が大きく、自宅で内服を希望する人も多いようです。市販はされていないので、海外製が個人輸入代行会社のサイトから購入できます。

クロミッドの副作用を考察する!

riskpic_1

主な副作用

クロミッドは比較的副作用が少ないといわれます。1975年に行われた厚生省の調査では7%に何らかの副作用が見られます。高い頻度とはいえず症状も軽いものが多いようです。主な副作用としては次のようなものがあります。

  • 眠気
  • 目のかすみ
  • 発疹
  • 肝臓機能の変化
  • 吐き気・おう吐、食欲不振
  • 頭痛、腹痛などの痛み
  • 顔の紅潮やほてり、口の渇き
  • 疲労感
  • 尿量の増加
  • 情緒不安定によるイライラ

子宮内膜、子宮頚管粘液への影響

クロミッドの薬としての特性によって、子宮頚管粘液の分泌を抑える働きや、子宮内膜に影響して厚みを薄くする働きがあります。いずれも精子の動きを抑えたり、受精卵の着床を妨げたりして妊娠しにくくなります。

このような状態になった場合は、次のような現象で自覚できます。

  • 排卵期におりものが減る
  • 生理の出血量が減るなど

この場合は医師に相談して、他の排卵誘発の方法を検討することになります。子宮内膜の影響は葉酸サプリで改善が期待できます。

卵巣過剰刺激症候群

ごくまれに起こる排卵誘発剤に特徴的な副作用です。人工的に排卵を誘発するため、排卵がたくさん起こることがあります。症状としては、卵巣が腫れて下腹部の痛みや膨満感、お腹の張りが伴います。薬を止めればすぐ治まり、心配はいりません。

多胎妊娠

クロミッドを使って妊娠した場合、双子ができる確率は4%から6%です。自然妊娠の場合は約1%なので、はっきりと高い確率になっています。排卵誘発剤を使うと卵子が複数出るので、双子になる確率は高くなります。

体重増加

クロミッドを飲むと太るといわれますが、この薬には肥満につながるような作用はありません。もともとホルモンバランスが悪く、皮下脂肪がつきにくい体質だった人が、女性ホルモンの作用で脂肪を取り込む体質に変わったものと思われます。

使ってはいけない人

妊娠中の人はクロミッドを使ってはいけません。胎児に悪影響が及ぶ可能性があるので、妊娠初期にうっかり飲むことがないよう、基礎体温を測るなどして注意してください。

使用には注意が必要な人

次のような人は、症状が悪化するおそれがあります。体の状態に注意しながら使う必要があるので、必ず医師に相談の上使用してください。

  • 子宮がん、乳がん、卵巣がん
  • 卵巣の腫大
  • 肝臓、腎臓の異常
  • 子宮筋腫、子宮内膜症、乳がんになったことがある人
  • 乳房結節、乳腺症の人

クロミッドの効果を考察する!

hormone-1

クロミッドの作用

クロミッドは脳の視床下部に働きかけて性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモン)の分泌を促します。卵胞刺激ホルモンの働きによって卵胞が成熟し、黄体形成ホルモンによって排卵が促されます。

クロミッドの適応

ホルモンの分泌に障害があって排卵がうまくいかない無月経、無排卵周期症の人に対して使用されます。また排卵があってもタイミング法でうまく妊娠しなかった人も対象になります。

女性への効果

排卵誘発法と呼ばれる方法で、クロミッドをスケジュールに従い計画的に飲むことによって、排卵日が予測できるようになります。決まった日にむけてタイミング療法をすすめると、妊娠する確率を高くできます。

薬を飲むだけなので費用や時間の負担が小さくてすみます。不妊の原因がはっきりしない初期の段階でも、まずやってみようという形で最初に取り組むことが多い治療法です。

妊娠の成功率

効果が期待できる不妊症の人がクロミットを飲んだ場合、妊娠率は約25~30%になります。これは自然妊娠と同じぐらいの率になります。排卵の成功率は、症状の程度によりますが、70%~90%と相当高い成功率になります。

男性への効果

不妊治療

クロミッドは男性の性腺刺激ホルモンの分泌も促します。精巣(睾丸)に働きかけて男性ホルモンのアンドロゲンやテストステロンの分泌を促し、精子の形成機能を改善します。

更年期障害など

不妊のほか、ホルモンが関係する男性の更年期障害の症状にも改善効果が見られます。うつ症状や勃起不全といった症状の改善効果が確認されています。ただ、単独で使うには効果がやや弱いようです。

筋肉増強剤のケア

筋肉の増大、増強を目的にしてタンパク同化ステロイドを使用する場合、副作用で男性ホルモンの分泌が抑えられます。結果として次のような症状がおこります。

  • 精子を作る能力が低下する
  • 性機能が弱くなる
  • 胸が大きくなる
  • 睾丸の萎縮など

この症状の改善のために、クロミッドが使われます。脳下垂体に働きかけて精巣を活発化するFSHホルモン・LHホルモンを分泌、これで精巣の働きが復活し、男性ホルモンの生成を再開します。この結果、衰えた性機能の回復が望めます。

筋肉増強剤でホルモンバランスが壊れ、睾丸の働きが弱まり勃起不能状態になったボディビルダーが、クロミッドを1か月飲んだ結果、男性ホルモンの濃度が回復した例も見られます。

クロミッドの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

クロミッドを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★
注射薬よりも穏やかな効き目が期待できるので、クロミッドにしています。ネットから買える事を知り、ためしに購入してみました。妊娠することができたら、その時はついでに双子であって欲しいという淡い期待も持っています。

子供を作るには少々高齢の夫婦なので、夫にはバイアグラで頑張ってもらっています。息子に弟ができるようにというのも希望の一つです。ただ、レビューを見ると私のような目的で使う人はいないようなので、継続は見送ろうと思います。

確かに不妊治療以外の目的が多いようですが、他人はさておき希望を実現するため続けてみませんか?効果はあるようですよ。

評価 ★★★★★
家人がいい歳になり、そろそろ更年期障害が出てきたようなので、ためしに購入してみました。届いて早速使ってみると効果があったらしく大変喜んでいました。体が軽くなった感じで、気分までよくなったようです。

しばらく体のあちこちの不調に悩んでいたようなので、うれしかったのでしょう。値段もそう高いものではないので、更年期障害で悩んでいる方にはお勧めします。継続購入の予定です。

更年期は不快な時期が続くので、症状が治まれば気分も明るくなりますね。

評価 ★★★★★
アナボリックステロイドを1サイクル使ったあとのケアには、必ず使うようにしています。副作用が起こると、男として悲惨なことになるみたいなので、それだけは防ぎたいと思って使っています。

そこそこの値段で手に入るので、常備できてとても助かっています。この他にも副作用の対処として、アリミデクスやシリマリン、プロスカーなども準備しておくべき薬です。副作用に困る前に用意しておきましょう。

転ばぬ先の杖というわけですね。たしかに備えあれば憂いなしです。

評価 ★★★★
筋肉増大を目指してアナポロンを使ったあと、回復サイクルの段階で使うつもりで購入しました。前回で睾丸が少し小さくなったような気がした時に使ったことがあり、その時はいい感じで回復したので再度の購入になりました。

以前からアナボリックステロイドを使っていますが、これを使うと大なり小なり何らかの副作用が起こります。無視できない症状なので、それぞれにケアのための薬を用意するのは必須だと思います。

副作用は多いので、起こるものとして用意しておくほうが無難ですね。

評価 ★★★★★
アナボリックステロイドのアナポロンを使っています。これを使うと、睾丸が萎縮するとか、性機能が低下するなどと聞きました。そうなっては大変なので、クロミッドを飲むようにしています。

クロミッドを飲まないとどんなことになるのか、試したことがないのでわかりませんが、今まではずっと飲んでいるせいか何もありません。睾丸が縮むなど、考えただけでもゾッとするので、今後も続けます。

個人差がありますから何ともいえませんが、アナボリックステロイドを続けるならクロミッドも必要でしょうね。

評価 ★★★★★
もう何回目になりますか、続けて購入しています。今の使い方は、筋肉トレーニングする日にだけ筋肉増強剤のアナポロンを使い、そうでない日はクロミッドを飲んで、体の中のホルモンバランスを崩さないようにしています。

そのおかげがどうかはわかりませんが、今のところアナポロンの副作用のような症状は出ていません。だいぶこの状態が続いているので、私にはこのやり方で合っているように思います。今後もこのパターンで行ってみようと思っています。

新開発の使い方みたいですね。効果が出て副作用が出なければ、それでいいのでしょう。

評価 ★★★★★
生理があってから5日目に飲み始めて、その後5日間続けて飲むようにしています。私の場合17日目ぐらいに排卵することがわかっています。この状態はクロミッドを飲みだしてから、安定して続いています。

当然ながら、以前は病院で処方してもらっていました。でも病院へ行って検査、診察を受けるのが時間的に難しいときがあって、面倒だなと思っていました。それがネットで買えるとわかって、手間がはぶけてよかったです。

ごく基本的な使い方で、目標も定まっているようですね。クロミッドがいらなくなる日も近いことでしょう。

定番サイトでもっとレビューを見る

クロミッド通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

クロミッドは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

クロミッドを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにクロミッドジェネリックを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

クロミッドの取り扱い価格を比較してみます。

1箱10錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 1,591円 1,540円
2箱 2,342円 2,230円
3箱 3,093円 2,800円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする