⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

アモキシシリンとは?詳細を解説!

アモキシシリンは、感染症を治療する抗生物質です。

感染症は細菌や真菌(カビ)、ウイルスなど、病原性をもつ生物が体内に入ってさまざまな病変を起こします。アモキシシリンはこのうち細菌による感染症に対して働きます。

アモキシシリンは細菌の細胞膜を破壊して死滅させる働きを持ち、ペニシリン系に分類される抗生物質の代表的な存在です。

連鎖球菌・肺炎球菌・腸球菌・大腸菌などの細菌に効果を示します。

副作用は穏やか

同じペニシリン系で似た構造のアンピシリンに比べると、副作用の現れ方が穏やかになっています。

また、食事を一緒に摂ることによって起こる、効果の減少というデメリットが抑えられています。

幅広い細菌感染症に適応があり、皮膚科、眼科、耳鼻科、歯科、泌尿器科など広い分野の医療機関で使用されています。イギリスのブリストルラボラトリー社が製造販売しており、国内では個人輸入代行会社のサイトから購入できます。

アモキシシリンの副作用を考察する!

riskpic_1

副作用

下痢

比較的多く見られる副作用です。子供が使う時や、ピロリ菌の除菌目的で長期に使用する場合に起こりやすい症状です。殺菌作用によって腸内細菌のバランスが崩れることで便が柔らかくなります。

便が柔らかい程度であれば問題はありませんが、ひどい下痢や血便があった見られた場合は受診します。長期連用の場合は他に菌交代症(口内炎、カンジダ症など)、ビタミンK欠乏症(出血傾向)がおこる可能性があります。

発疹

次に現れやすいのが発疹です。赤いブツブツができます。かゆみ、発熱を伴うこともあるアレルギーの症状です。次のような症状が見られたらショックの前兆かもしれません。すぐに受診してください。

  • ひどいじんましん
  • 顔・喉の腫れ
  • 息苦しい

胃腸症状

現れる頻度は下痢や発疹よりも少なくなりますが、吐き気がしたり味覚の異常が起こることがあります。他に便秘や胸やけ、腹痛、食欲不振などの胃腸症状も現われる可能性があります。

重い副作用

重い副作用には、皮膚症状や腎不全などがあげられます。

皮膚症状

  • 中毒性表皮壊死融解症
  • 皮膚粘膜眼症候群
  • 多形紅斑
  • 急性汎発性発疹性膿疱症
  • 剥脱性皮膚炎

発熱、頭痛に加え、粘膜や皮膚に赤い斑点や水疱ができるのはこれらの初期症状の可能性があります。

急性腎不全

次のような症状がみられます。

  • 尿の量が少なくなったり手足
  • 顔などのむくみ
  • 倦怠感

その他の比較的重い副作用には次のようなものがあります。発生頻度はまれになります。

  • 大腸炎
  • 血液成分の異常
  • 肝臓の重い症状
  • 間質性肺炎、好酸球肺炎

副作用発生頻度

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌を除く感染症治療が対象の調査では、次のような結果が出ています。

調査対象19052例のうち、997例(5.2%)、件数では1245件に何らかの副作用がありました。多い順に次のようになっています。

  • 胃腸障害で898件(4.7%)
  • 発疹など皮膚の障害が281件(1.5%)
  • 口内炎、舌炎など15件(0.08%)

通常、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌は比較的長期になり、副作用も起こりやすくなります。この治療によって起こる副作用は、下痢 15.5%、軟便 13.5%となっています。また、5%未満1%以上の頻度では次のような症状があります。

  • 腹痛・腹部膨満
  • 口内炎
  • 食道炎
  • 便秘
  • 好酸球・好中球増加
  • 肝機能値上昇
  • コレステロール値上昇

【参考サイト:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00055006.pdf

使ってはいけない人

アモキシシリンに対して、アレルギーやショック症状が起きたことがある人、伝染性単核症の症状がある人には使ってはいけません。

後者の場合、全身に発疹がでる恐れがあります。

注意して使用する人

妊娠中、または妊娠の可能性がある人

これらの人に対する安全性は確認されていません。(動物実験では胎児への影響が確認されています)使用する前に医師に相談するなど、危険性に十分注意を払ったうえで使用するようにしてください。

授乳中の人

成分が母乳に移ることが確認されていて、乳児へ何らかの影響を及ぼす可能性があります。

アモキシシリンを使用する場合は授乳をやめたうえ、時間をおいて使用してください。

高齢者

高齢の人は生理機能が全般的に下がっている場合が多いので、副作用が起こりやすくなっています。また、ビタミンKが少なくなる副作用で出血しやすくなります。使用量、方法などに注意しながら使用するようにしてください。

アモキシシリンの効果を考察する!

pillpic

作用

アモキシシリンは、細菌の細胞壁を合成する働きを阻害・破壊することによって細菌を死滅させる、殺菌的作用を持ちます。このため、もともと細胞壁を持たない緑膿菌やセラチアには効果がありません。

効果

グラム陽性菌・グラム陰性菌の両方の細菌(赤痢菌、大腸菌、変形菌、インフルエンザ菌、腸球菌、連鎖球菌、肺炎球菌、ブドウ球菌、淋菌など)による感染症の治療に有効とされ、ペニシリン系の中で最も広く利用されている薬です。

広範囲の症状に適応

アモキシシリンは細菌による感染症や、ヤケドや内視鏡検査・治療、さらには手術後の二次感染といった広範囲の症状、状態に適応を持ちます。適応症状としては、次のように非常にたくさんあります。

皮膚症状
  • 表在性・深在性皮膚感染症
  • 慢性膿皮症
感染症や炎症
  • 外傷・熱傷・手術創などの二次感染
  • びらん・腫瘍の二次感染
  • 慢性呼吸器病変の二次感染
  • 乳腺炎
  • 骨髄炎
  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎肺炎
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 膀胱炎、腎盂腎炎
  • 前立腺炎(急性・慢性、精巣上体炎(副睾丸炎)
  • 淋病感染症、梅毒
  • 子宮内感染、子宮付属器炎
  • 涙嚢(るいのう)炎、麦粒腫
  • 中耳炎
  • 歯周組織炎、歯冠周囲炎
  • 顎炎
  • 猩紅熱

歯科処置後の感染防止

感染すると深刻な事態になる症状に、細菌性心内膜炎があります。血管に菌が侵入して心臓の内膜や弁膜が感染し、弁や心筋の損傷、菌の塊がつまって脳梗塞や腸管虚血などが起こります。

抜歯や歯周外科手術などの歯科処置によってできた傷から細菌が侵入、繁殖して感染症を起こすことがあります。その結果起こる病変を防ぐためにアモキシシリンが使われます。

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎や胃がんを起こす原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌を除菌することで、潰瘍・炎症の緩和と予防に使われます。単体ではなく抗生物質のクライスロマイシンと制酸剤のPPIを併用します。

ピロリ菌はアモキシシリンに耐性を持つものがごく少なく、高い確率で効果が望めます。併用のクライスロマイシンには耐性菌がいるので、効かない場合は他の抗生物質に変えて二次治療を行います。

これで90%の除菌が可能とされています。

ペット用

動物病院でも処方されるようですが、自宅でペットの感染症治療に使われることもあります。ペットの医療には健康保険がないので、治療費のコストカット対策でアモキシシリンが購入されるようです。

作用時間

アモキシシリンは、飲んでから血液中の成分濃度が最大になるのが2時間後とされ、その後ゆっくり下がって行き、効果も少なくなります。このため、飲む間隔は少なくとも3~4時間空ける必要があります。

言い換えると、薬の濃度を一定以上に保ち効果をあげるためには、適度な間隔をもって飲み続ける必要があります。

日中は3回から4回にわけて、忘れないように飲んでください。

アモキシシリンの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

アモキシシリンを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
溶連菌感染症の治療に使いました。もちろん近くの病院へ行ってちゃんと診察してもらいましたが、全然よくなりません。次第に不信感がつのり、見限ることにしました。ネットで調べて抗生剤が手に入ることが分かり、購入に至りました。

注文すると思ったよりもかなり早く届きました。自宅にいながら手に入れられたので、病院へ行く手間も費用も節約できました。何といっても自分が欲しいと思った薬がすぐ帰るのがいいです。効き目には何の問題もありませんでした。

効かない治療を我慢しなくても、効く薬が使えてよかったですね。ただ、使用方法はきちんと守って、中途半端で止めないようにしましょう。

評価 ★★★★
扁桃炎や、副鼻腔炎などと効く症状の範囲が広いのがいいと思います。今、巷では梅毒のような性感染症が流行っているとよく耳にします。アモキシシリンは梅毒の特効薬ということなのでそのほうにも使えるようです。あると重宝します。

以前は先発薬のサワシリンを、処方箋で薬局からもらっていました。アモキシシリンは海外製にしては小ぶりで飲みやすく、満足しています。購入理由はともかく、抗生物質が手元にあると安心できます。

使用範囲の広さは誰しも認める使い勝手のよさですね。常備できればなおさらです。

評価 ★★★★★
風邪をひいて喉が痛いときなどによく使います。市販薬はあまり合う薬が見つからず、病院へ行くのがベストだとは思います。でも、病院へ行く時間がなかなか取れない時にはこれを飲んでいます。

さすがに一発ではなおらないようですが、3~4日飲むと症状はだいぶましになります。抗生物質ということなので、やっぱり副作用が気になります。今のところは何も感じません。配送状況は梱包も含めてしっかりしています。

抗生剤にはある程度の時間が必要です。効いたからとすぐやめると、生き残りが復活するし耐性もつきます。長めの期間飲むほうが確実です。

評価 ★★★★
歯科医院で処方してもらってこの薬を知りました。ネットでいろいろ調べてみたら、効く症状がたくさん書いてあました。万能薬のような印象で、よさそうなので使ってみようと思い、早速購入しました。

歯茎が痛む時には、本来の目的なのでもちろん使いますが、扁桃腺が腫れて痛いときにも飲んでみました。するとすぐに治って、あまりの手っ取り早さにびっくりしました。便利な世の中になったものです。

細菌感染症に限ってのことですが、よく効いて本当に便利です。

評価 ★★★★★
胃炎や喉に炎症が起こった時に使っています。

抗生物質なので、念のために少なめの1日1カプセルで、3日間飲んでみました。すると咳が止まり、しつこかった喉の痛みが消えて楽になりました。

別の使い方として、うちの猫に飲ませてみました。風邪をひいたのか鼻水を垂れ流していたので、砕いて少しずつえさに混ぜて2週間食べさせました。すると鼻水が止まり、元気になりました。手元に常備して、非常用として使います。

猫にも飼い主にも効きましたね。再発しないよう、きっちり治しましょう。

評価 ★★★
かなり前に、ニキビの悪化とこじれた扁桃炎に困った時に、そんな症状に効果があるとのことで購入しました。ニキビにはトダシンが効いて、扁桃炎にはレボクインのほうがよく効きました。それで今は使ってはいません。

薬自体は効果があり、たくさんの症状に浅く広くといった感じで効いてくる薬だと思います。常備薬として家に置いて、あまり深刻な症状ではない時に使うような性質の薬のようです。

以前の薬はどちらも増殖を抑えるタイプなので、その時の症状には合っていたのでしょう。アモキシシリンは比較的軽い症状に向いた薬です。

評価 ★★★★★
海外で扁桃炎や気管支炎になって薬局へ行くと、たいていこれが出されて何度か飲みました。ペニシリン系の他の薬も飲んだことがありますが、私にはこれが一番合うように思っています。

今回は、ピロリ菌の検査が陽性になった時に使おうと思って買いました。もし陰性でも困ることはありません。

使い道はたくさんあって、これから冬に向かうにあたって、風邪の二次感染として起こる細菌感染の予防・治療に使うつもりです。

本当に適応が広い薬なので、いろいろ使えます。もて余すことはないでしょう。

定番サイトでもっとレビューを見る

アモキシシリン通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

アモキシシリンは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

アモキシシリンを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにアモキシシリンを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。

創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。

ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。

代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

アモキシシリンの取り扱い価格を比較してみます。

1箱21錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 1,130円 1,200円
2箱 1,514円 1,540円
3箱 1,931円 1,930円
4箱 2,347円 2,390円
5箱 2,645円 2,790円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする