⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

バルトレックスとは?詳細を解説!

バルトレックスは、グラクソスミスクライン社が製造販売している抗ウイルス薬です。有効成分はバラシクロビル。

バラシクロビルは体内に入るとアシクロビルに変換され、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果を発揮します。

ヘルペスウイルスが原因である口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水疱瘡、帯状疱疹等の治療として使われており、日本でも処方箋医薬品として承認されている医薬品。症状によって服用する量や回数が異なりますので注意が必要です。

バルトレックスの副作用を考察する!

riskpic_1

わりとある副作用:頭痛、眠気、肝機能検査値の上昇

単純疱疹(口唇ヘルペスや性器ヘルペス)の人を対象にした臨床試験では、全体の16.1%に副作用が認められました。主なものは頭痛が一番多く2.8%、次が眠気等の意識低下2.5%、つづいて肝機能検査値の上昇1.3%でした。

また、水疱瘡や帯状疱疹の患者さんでも、主な副作用はほぼ同じ。肝機能検査値の上昇は自分で気づくことができませんので、長期にわたってバルトレックスを服用する場合には、定期的な血液検査が必要です。

ただちに服用を中止しなければならない副作用

めったに起こりませんが、アナフィラキシーショックや急性腎不全、精神神経症状、汎血球減少(赤血球、白血球、血小板のすべてが減少すること)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)等が起こることがあります。

初期症状は以下のとおりです。

アナフィラキシーショック→急に息苦しくなる、のどが腫れて苦しい、全身に発疹が出来る
急性腎不全→尿が少ない、または出ない、ひどいむくみ、異常にのどが渇く
精神神経症状→意識がもうろうとする、手足がけいれんする、急に興奮する、錯乱状態になる
汎血球減少→発熱、歯茎から血が出る、貧血、めまい
皮膚粘膜眼症候群→風邪のような症状、進行すると皮膚や粘膜に発疹や水疱ができる

腎臓が悪い人は要注意

腎臓が悪い人は、バルトレックスの薬効も副作用も強く出てしまう可能性があります。一般的に、高齢者では腎臓の機能が弱っていますので注意が必要。

特に精神神経系や意識障害の副作用が現れやすいことがわかっていますので、自動車の運転等は控えるようにしてください。

バルトレックスの効果を考察する!

pillpic

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える働きのある薬です。単純疱疹や帯状疱疹とその再発抑制、水痘等に効果があります。

ヘルペスウイルスは日本人の7割もの人が感染していると言われている、とてもポピュラーなウイルスです。一度感染すると体の中の神経細胞にすみつきます。そして免疫力が下がったときを見計らって増殖し、赤みや水ぶくれとして現れます。

一生涯、再発を繰り返すことが厄介な点。バルトレックスはヘルペスウイルスのDNA複製を妨げますので、「再発したなあ」と思ったらできるだけ早く服用しましょう。ウイルスの増殖を最小限に抑えることができますし、症状も軽くて済みます。

バルトレックスの使い方

バルトレックスの用量は症状によって異なります。

単純疱疹には1回500mgを1日2回、帯状疱疹、水痘には1回1000mgを1日3回、性器ヘルペスの抑制には1回500mgを1日1回が基本です。

バルトレックスのほかにも、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるゾビラックスという薬がありますが、これは肝臓ですぐ分解されてしまうため、1日5回服用しなくてはいけないという欠点がありました。

それを改良したものがバルトレックスなのです。バルトレックスは1日2、3回ですから、ずいぶん使い勝手は良くなりました。

バルトレックスの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

バルトレックスを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
口唇ヘルペスが年に数回できます。飲み始めは少し吐き気がありました。なので1000mgを半分に割って飲むようにしたら吐き気はおさまりました。半分の500mgでも効果はありました。

いつもヘルペスになるときはピリピリきてわかるので、手元に準備してあるとすぐ飲めるので安心です。なくなったらまた注文します。

いつも手元にある安心感は大切です。再発かも、と気づいたときにすぐ服用すると効果的ですので、常にかばんに入れておきたいですね。

評価 ★★★
性器ヘルペスの抑制に使ってます。病院に行くのは恥ずかしいし、かといって、ヘルペスが出てしまうと会社を休むほど辛いので、何とか自分で抑えたいと思って購入しました。

特に生理前にかゆみが出やすいので、生理前1週間くらいは毎日服用しています。まだ3ヶ月くらいなのでわかりませんが、ヘルペスが出てないので効いていると思います。副作用もないので続けてみます。

たしかに性器ヘルペスは他人に言えない病気ですよね。特に副作用もないようなので合っているのだと思います。

評価 ★★★★★
口唇ヘルペス持ちです。いつも行く皮膚科では塗り薬しか出してくれず、治りも悪いので困っていました。以前はジェネリックのバルシビルを飲んでいましたが、バルトレックスのほうが安かったので変えてみました。

やはり疲労感が強いときに口唇ヘルペスができますが、私の場合、同時にめまいもあります。バルトレックスのおかげかはわかりませんが、そのめまいも改善されたので驚いています。

ヘルペスが軽度と判断されると、塗り薬しか処方してくれない場合もあります。バルトレックスがあれば病院に行く手間も省けますし、塗り薬しかもらえなくてしょんぼりといったこともないですね。また、めまいに効くという人も一定数いるようです。

評価 ★★★★★
病院で処方されたものと同じ効果があり満足しています。今まではヘルペスができると、市販の塗り薬で対応していましたが、効果がいまいちでした(治るのに2週間かかるところが1週間になったくらいの感覚)。

しかし今回バルトレックスを飲んだら、水庖になる前におさまりました。いつもは水疱が気になって、マスクをしないと外に出られなかったのですが、できずに済んでうれしいです。これからはこれにします!

水疱ができずに済んだという事は、わずかな予兆に気がついて、すぐ服用したのでしょうね。効いて良かったです。

評価 ★★★★
帯状疱疹で飲みましたが、あっけなくおさまり感謝しています。最初は朝晩に1錠ずつ、おさまってきた頃は1日1錠にしました。

土曜日に予兆が出てしまうと病院もあいてないし、何もできずに土日をやり過ごさなければいけないですが、これがあれば安心です。もう少し安ければと思いますが、いざというときのためにまた頼むつもりです。

確かに土日で病院が休みですと、どんどんウイルスが増殖してしまいます。かといって救急を受診するほどでもなければ、バルトレックスの常備は心強いですね。

評価 ★★★★★
口唇ヘルペスになって病院へ行っても、1ヶ月に出せる量が決まっているとかで、あまりもらえませんでした。5日間飲みきってしまえば手元には残らないし、ヘルペスは最初が肝心なので持っているとそれだけで安心です。

また、私はアシクロビルより効く気がします。500mgで効くので2つに割って飲んでいます。まだ結構残っていますが、切らさないようにリピします。

バルトレックスの病院からの処方は「5日分」です。それより多くも少なくも処方されません。再発のときのために多く処方してほしいと思う人は多いでしょうが、残念ながら叶いませんので、こちらで準備しておきましょう。

評価 ★★★★★
妊娠、出産後、寝不足で免疫力が下がったのか、以前よりヘルペスや膀胱炎になりやすくなってしまいました。すぐ病院に行きたくても、子供を連れて行くのはなかなか大変ですので、ネットで購入できて助かってます。

副作用もないので合っているのだと思います。値段も安いのでこれからもいざというときのために常備しておきたいです。

小さい子供がいると自分のための病院通いは後回しになりがちです。ただ、小さい子供にヘルペスは移したくないですから早めの処置が必要です。こういうときにもバルトレックスの常備は役に立ちますね。

定番サイトでもっとレビューを見る

バルトレックス通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

バルトレックスは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

バルトレックスを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにバルトレックスを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。

代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。
(私は他のサイトで購入したことはありません)

バルトレックスの取り扱い価格を比較してみます。

1箱42錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 6,041円 4,990円
2箱 9,993円 7,350円
バルトレックスジェネリック(バルシビル)1箱3錠
オオサカ堂 アイドラッグ
3箱 1,998円 1,800円
5箱 2,876円 2,600円
10箱 4,753円 4,270円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする