⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

ニゾラルクリームとは?詳細を解説!

ニゾラルクリームとは真菌を殺菌する薬です。有効成分はケトコナゾール。水虫、皮膚カンジダ症、癜風(でんぷう)、脂漏性皮膚炎の治療に使われます。

ケトコナゾールには非常に強い抗真菌作用があり、皮膚に長く有効成分がとどまるため、薬効時間も長いです。水虫の原因菌である白癬菌をはじめ、さまざまな真菌を殺菌します。

副作用も少ないと言われていますので、長期使用に向いています。ケトコナゾール製剤はクリームのほかに、ローションやスプレーもあります。

ニゾラルクリームの副作用を考察する!

riskpic_1

ニゾラルクリームの使用については、特に重大な副作用はありませんので、神経質にならなくて大丈夫です。相互作用するような薬剤もないので、併用薬を気にする必要もありません。

というのも、有効成分のケトコナゾールは角質層に長くとどまり、ほとんど体内(血中)に取り込まれないのです。

副作用の調査結果

日本では医療用としてヤンセンファーマがニゾラールクリーム2%を販売していますが、ヤンセンファーマが副作用について調査したところ、総症例6,346例のうち、何らかの副作用が認められたのは、224例で全体の3.53%でした。その内訳は多い順に、次のような症状です。

  • 接触性皮膚炎1.5%
  • そう痒(かゆみ)0.9%
  • 塗布部位の発赤0.7%
  • 塗布部位の刺激感0.5%

【参考サイト:http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/800155_2655709N1053_1_04.pdf


つまり、副作用が起こるとしても塗布した部位に何か反応が起こるという程度です。赤み、かゆみ、刺激等を感じたら、クリームを洗い流してください。それでもひどくなるようでしたら、皮膚科を受診しましょう。

また、白癬やカンジダ症に塗布した場合と、脂漏性湿疹に塗布した場合の副作用を比較しても、副作用の種類に差はほとんどなく、紅斑やそう痒、接触性皮膚炎が同じくらいの割合で発現しています。

使用時の注意点

このように、ニゾラルクリームは副作用の少ない薬ですが、どこに塗布しても良いわけではありません。ただれがひどい部分や、傷がある場合は、少量で試す、あるいはただれや傷が治ってから使用するなど工夫が必要です。

また、妊婦、産婦、授乳婦の方は、慎重に使用するようにしましょう。

ニゾラルクリームの効果を考察する!

lovepic_1

真菌には何と200以上もの種類があります。大きく「酵母」「糸状菌」「それ以外」の3つに分けることができます。ニゾラルクリームは菌を殺菌する薬ですが、真菌の中でも次のような酵母に有効な薬です。

  • カンジダ
  • マラセチア・フルフル
  • 糸状菌であるアスペルギルス菌
  • トリコフィトン(白癬)

これらの真菌の細胞膜を構成しているエルゴステロールというステロイド化合物の生合成を阻害することで、真菌を殺菌します。

また、ニゾラルクリームは、作用機序は詳しくわかっていませんが、脂漏性皮膚炎にも効果があります。

各症状への効果

ニゾラールクリーム2%を販売後の、使用実態を調査した結果によると、その効果(有効率または改善率)は、次のようになっています。

  • 足白癬(水虫)→2,166例 / 2,709例(80.0%)
  • 体部白癬(ゼニたむし)→504例 / 532例(94.7%)
  • 股部白癬(いんきんたむし)→350例 / 367例(95.4%)
  • 指間びらん症(手と手の間のカンジダ症)→90例 / 100例(90.0%)
  • 癜風→150例 / 165例(90.9%)
  • 脂漏性皮膚炎→723例 / 1,097例(65.9%)

脂漏性皮膚炎以外は、いずれも8割以上の人に有効と認められている薬なのです。

ニゾラルクリームの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

ニゾラルクリームを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
頭皮の脂漏性皮膚炎に使用しました。30代になって急に生え際にフケのようなものが増えて、シャンプーを変えたり、念入りに洗髪しましたが、あまりよくなりませんでした。

ところがニゾラルクリームを使用したところ1週間で完治しました。驚きです。念のため治った後も、予防の意味でお風呂上りに塗っています。少量でよく伸びるのでコスパもいいと思います。

脂漏性皮膚炎も真菌が原因ではないかと言われています。まさか菌がフケの原因になっているとは思わないですよね。使用感も良いようでよかったです。

評価 ★★★★
水虫の治療で使っています。病院には恥ずかしくて行けないし、小さい子供もいてなかなか難しいので、こちらで購入できて助かりました。水虫の治療は根気が要るというのは知っていますのでしばらく続けてみようと思います。

効き目はマイルドな感じもしますが、痒みはすぐに治まりました。1日1回の使用で簡単ですし、これで夏を乗り切れたらいいなと思います。

女性も水虫は他人事ではありません。冬中履くブーツで水虫になる人が増えています。たしかに水虫で皮膚科に行く勇気がない女性は多そうですね。1日1回塗布すればよいので、お風呂上りのスキンケアと一緒で、習慣づけられますね。

評価 ★★★★★
二の腕と背中がマラセチア毛包炎になりました。もともと脂性肌で肌トラブルも多く、何をやっても治らないし諦めていたのですが、これを塗ったらみるみる肌がきれいになってきました。もっと早くニゾラルクリームを知りたかったです。

クリーム自体はにおいが多少ありますが、気にならない程度です。伸びも良いので使いやすいです。

マラセチア菌は常在菌です。ニキビと似ていますがニキビはアクネ菌(細菌)です。ニキビのケアをしていたのでは、マラセチア毛包炎は治りません。正確な診断名がついてよかったですね。

評価 ★★★★
頭皮のかゆみに効果ありました。クリームなので、これだけで頭皮に塗ろうとするとうまく塗れないので、シャンプーに混ぜて使っています。まだ完治にはいたってないので、しばらく続けます。

結構量があるので、気になる背中の脂漏性湿疹にも使ってみようかと思います。肌はあまり強くないほうですが、それでもかぶれたりしないのが良いです。

クリームをシャンプーに混ぜるのはいいアイデアですね。少し高いですが、ニゾラールシャンプーというものも販売されています。

評価 ★★★★★
疲れがたまるとすぐ口内炎ができたり、膣カンジダができます。毎回病院に行くのは面倒ですし、恥ずかしいのでこちらで購入しました。治るのに3日くらいかかりますが、病院で処方されるのと同じ効果があります。

持ってると何かと使えるので安心です。病院だと10g入りしか処方されないので、30g入りは大容量ですし、かつ安いのでありがたいです。

カンジダももともと体内にいる真菌です。体力が落ちているとかかりやすいので繰り返してしまうのですね。おりものが少し増えたり、かゆみの出はじめにニゾラルクリームを使用すれば、ひどくならずに自分で治すことができますね。

評価 ★★★
家族(夫)が癜風です。ローションは以前使ったことがあるようですが、クリームのほうが使いやすいみたいです。

見た感じ、かさかさしているのですが、痒みもないので放置しておくとだんだん広がってきてしまいます。背中なのでなかなか毎日塗るのも大変なようですが、毎日塗れば完治するのでしょうか。副作用は特にないようです。

癜風菌(マラセチア・ファーファー)も常在菌です。ですから再発率も高いです。根気よく塗布していくしかないですね。

評価 ★★★★
以前、皮膚科で脂漏性皮膚炎かもしれないと言われ、ニゾラールを処方してもらったところ、顔全体の赤みがとれて、ニキビがきれいになったことがあります。

最近、また同じような症状があらわれてきたので使ってみました。なかなか根治は難しいようですが、朝晩と洗顔後に薄く塗ってます。ベタベタしないので使いやすいです。

皮膚科で誤った診断をされてしまうと、ステロイドや抗生物質を出され一向に治らなかったり、高価な基礎化粧品やサプリメントを買わされることもあります。ニゾラルクリームという救世主を見つけることができてよかったですね。

定番サイトでもっとレビューを見る

ニゾラルクリーム通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

ニゾラルクリームは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

ニゾラルクリームを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにニゾラルクリームを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

ニゾラルクリームの取り扱い価格を比較してみます。

1本30g
オオサカ堂 アイドラッグ
1本 1,864円 1,750円
2本 3,140円 2,980円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする