⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

ラミシールクリームとは?詳細を解説!

ラミシールクリームは、スイスに本拠地をおく世界的な製薬会社、ノバルティスファーマが製造・販売している外皮用抗真菌薬です。有効成分としてアリルアミン系の殺真菌成分、テルビナフィン塩酸塩 1%を含有しています。

ラミシールクリームは、日本の厚生労働省やアメリカのFDAからも認可されている医薬品で、日本においても、爪の水虫や足水虫、タムシ、シラクモ、皮膚カンジダ症などの皮膚真菌症の治療に広く用いられています。

ラミシールクリームの副作用を考察する!

riskpic_1

一般に健康的な人の場合、用法・用量を守って使用すれば、副作用が出ることはほとんどありません。

公開されている臨床試験データでは、ラミシールクリーム1%と外用液1%使用時の副作用が報告されていますが、何らかの副作用症状が確認されたのは、全体の1.81%にとどまっています。

そのうち主な症状は、皮膚炎が0.92%、かゆみ0.4%、刺激感0.35%です。発症確率も低く、ほとんどが軽い症状ですが、ひどくなるようであれば使用を中止してください。

ラミシールを塗付した部分が乾燥したり、色素沈着が起きたり、灼熱感を感じるといった報告もあります。

まれに起こる副作用

発症は0.1%未満とかなりまれな例ですが、皮膚が赤くなってフケのようにぽろぽろと剥がれる鱗屑(りんせつ)や落屑(らくせつ)と呼ばれる皮膚病になるケースも報告されています。そのような症状が現われた場合はすぐに医師の診断を受けるよにしてください。

【参考サイト:http://www.e-pharma.jp/allHtml/2659/2659710N1152.htm

その他、発疹やじんま疹など、ラミシールクリームに対する過敏症症状も報告されています。しかしこれらも発症率は0.1~5%未満のため、このような症状が出る可能性はかなり低いといえます。

禁忌

ラミシールクリームに配合されている成分に対して、過敏症の既往歴のある人は使用できません。また、小児には安全性が確立していないため新生児には使用しないでください。

妊娠中・授乳中の人

妊婦または、妊娠している可能性がある人は、安全性が確立していないため、使用時は必ず医師の指導のもと使用してください。授乳中の場合は、特に使用しても問題ありませんが不安な場合は、医師か薬剤師に相談してください。

その他使用上の注意

眼科用としては使用できません。誤って眼に入ってしまった場合は、流水で十分に目をすすいでください。

ラミシールクリームの効果を考察する!

lovepic_1

ラミシールクリームの有効成分テルビナフィン塩酸塩は、真菌が増えるのを抑え、真菌の細胞膜を壊すことによって、抗真菌作用をあらわします。

この抗真菌作用により、ラミシールクリームは、体の各部に生じる白癬、皮膚カンジダ症、癜風の治療に効果があります。

これまでの治療薬と違いラミシールは、水虫やカンジダ症の原因となる白癬菌を死滅させることができるので、これまで完治がなかなか難しかった水虫などの完治率を高めることができるうえに、治療期間も短くできるといわれています。

使用の方法と期間

ラミシールクリームは、1 日1 回患部に塗付します。症状によって効果が現われて完治させるまでの使用期間は異なりますが、足白癬では皮膚の新陳代謝を考慮した上で最低4週間は塗り薬の使用が必要となります。

足の裏などの角質層が厚い部分になると、6ヶ月から1年以上続けないと完治しないという場合もあります。また、白癬菌は症状の出ていないところにも潜んでいることがありますので、効果を期待するためには、症状が出ている場所以外にも広くまんべんなく塗る必要があります。

ラミシールクリームは、即効性はありませんが、毎日塗り続けることで次第に効果を発揮してくれますので、根気強く使用を続けるようにしましょう。

ラミシールクリームの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

ラミシールクリームを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
家族に頼まれて購入してみました。これまで長い間、ひどい水虫に悩まされていたため、水虫治療の効果を期待しての購入でした。

ラミシールクリームを使い始めてから、足の皮むけが無くなり、とてもきれいになったとのことです。正直なところ半信半疑で使い始めたため、この効果にとても驚いています。また購入したいと思っています。

水虫に早い段階から効果が現われたようです。長い間悩んでいたのがウソみたいですね。
悩んでいる方にはぜひ試していただきたいです。

評価 ★★★★★
ラミシールクリームを塗り始めてからわずか2日目で、苦しめられていた猛烈なかゆみから解放されました。その後も1日も欠かすことなく、根気強く塗り続けた結果、足の裏のガサガサも少しずつですが消えていっている感じがします。

まだまだ完治するまでには1ヶ月はかかると思いますが、私の場合は確実に効果が出ています。

完治するまで毎日継続することが大切なようです。かゆみは比較的早くなくなるみたいなので、あとは根気ですね。

評価 ★★★★★
今回初めて、ラミシールクリーム2本を購入してみました。つけ心地は、クリームがベタベタすることなくサラッとしている感じなので気に入っています。

これまで、他の真菌剤も試してみましたが蒸れてしまい炎症を起こし、かえって悪化するという事がありました。ラミシールクリームはそんなこともなく、大丈夫そうです。これから気長に使い続けていきたいと思います。

特に足は蒸れが気になりますよね。効き目に加えて、使い心地も重要になってきます。ラミシールは使い心地もよかったようで、長く使うには良さそうですね。

評価 ★★★★★
水虫に30年近くも悩まされてきました。これまで何度も市販薬を購入して治療を試みてみましたが、どれもまったく効果が出ませんでした。

そういう状況だったので、ラミシールクリームも半信半疑で使い始めたのですが、試してみたら2ヶ月でかゆみもなくなり、とてもきれいになりました。驚きました、もうしばらく、頑張って続けたいと思います。

30年も悩まされていた症状から解放されて、本当によかったですね。水虫に対する効果は絶大のようです。

評価 ★★★★★
私はカンジタになりやすい体質です。でも仕事が忙しかったりして、なかなか行きたいときにすぐ病院に行くことができません。それで、ラミシールクリームと膣錠は、いつもセットで常備しています。

効き目は病院から処方されたもの、市販のものと比べても申し分ないです。価格も市販で買うよりも安く買えるので助かっています。

カンジダにも良い効果を発揮しているようです。常備薬として持っていたら安心できますね。

評価 ★★★★★
使用を始めてから6ヶ月くらい経過しました。6ヶ月使ってみた感想は、これまでいろいろな市販薬を試してきましたが、ラミシールクリームは効き目がすごくいいです。それに、刺激が少ないので、デリケートな部分に使用しても何の問題もありません。

昨年は、夏の時期に売り切れてしまって秋まで待たなければいけなかったので、早めの購入をお勧めします。

効果が出る範囲が広くて刺激も少ないので、使用できる幅が広がるのは助かりますよね。それにしても、秋まで待たれたとのことで人気の高さもよく分かります。

評価 ★
水虫になったので使い始めました。ラミシールクリームを使い始めてすぐはとても調子がよくてかなり効いていると感じました。これで完治できるかもしれないと、かなり期待していたのですが、結局はだめでした。継続しましたが治りませんでした。

最後は皮膚科に行くことになってしまいました。水虫はかなり手ごわいと思いました。

効果は個人差がありますし、症状によって治療方法が変わる場合もありますので、しばらく続けて改善しない場合は医療機関の受診が勧められています。

定番サイトでもっとレビューを見る

ラミシールクリーム通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

ラミシールクリームは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

ラミシールクリームを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにラミシールクリームを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

ラミシールクリームの取り扱い価格を比較してみます。

1本15g
オオサカ堂 アイドラッグ
1本 1,504円 1,420円
2本 2,573円 2,460円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする