⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

ボルタレンジェネリックとは?詳細を解説!

ボルタレンジェネリックは、ジクロフェナクナトリウムを主成分とする消炎鎮痛剤です。この成分の薬は発売が1974年と比較的古い年代になります。まず日本で発売され、その後世界的に広がりました。

ボルタレンジェネリックは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に分類されます。この種類の薬は、痛みや炎症を起こす物質プロスタグランジンの生成を抑えることで鎮痛、解熱作用を持ちます。

国内では先発薬ボルタレンが承認されており、ジェネリック医薬品とともに消炎・抗炎症剤として処方されています。NSAIDs薬ではほとんどが市販されていますが、ボルタレンだけは副作用が強い点から市販されていません。輸入品がサイトから個人輸入代行会社経由で購入できます。

ボルタレンジェネリックの副作用を考察する!

riskpic_1

胃腸障害

ボルタレンジェネリックの主成分ジクロフェナクに最も多く見られる副作用として、胃腸への障害(胃潰瘍など)がよく知られています。痛みや炎症を起こすプロスタグランジンは、同時に胃粘膜を保護する作用もあります。

そのため、ジクロフェナクがプロスタグランジンの生成を妨害することで痛みや発熱を抑えると、同時に胃粘膜を保護する働きも弱くなってしまいます。その結果、副作用として胃腸炎、潰瘍などが引き起こされます。

この副作用は潰瘍から出血したり穿孔(せんこう=穴が開く)がおこったりして、比較的重い症状になることがあります。使用量に比例してこのリスクが高まるので、必要以上に薬を使わないように注意してください。

服用するときの注意

薬を飲むとき、もし途中でとどまった場合そこに潰瘍や炎症を起こすおそれがあります。必ず十分な水と一緒に飲んでください。空腹時や寝る前に飲むとやはり胃の粘膜に悪影響があります。必ず食後に飲むようにしてください。

アスピリン喘息

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)によって引き起こされる喘息発作です。病名のアスピリンに限らず、すべてのNSAIDsが原因になり、重症化することが多くなります。喘息患者の10%程度がこのタイプといわれます。

腎臓障害

プロスタグランジンの生成を減らす作用で腎臓へ流れる血液の量が少なくなり、それに伴って尿の量が減ります。その結果腎臓の機能が衰えて、腎不全にまで至ることがあります。

肝機能障害

肝臓機能が低下して、発熱、腹痛、肝臓の腫れ・萎縮、黄疸などが現われることがあります。慢性になると黄疸が強くなり肝硬変になる可能性もあります。

その他

過敏症状(発疹やかゆみ、むくみなどのアレルギー症状)、頭痛、ねむけ、貧血、心筋梗塞、脳血管障害などが現れることがあります。

まれに以下のような症状が起こることがあります。( )内の重大な副作用の初期に現われる症状の可能性があります。

  • 冷や汗、呼吸困難、意識の乱れ、じんましん、血管のむくみ
    (ショック、アナフィラキシー)
  • 発熱、発疹・水ぶくれ、目の充血、唇・口内のただれ
    (中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症)
  • 尿量減少、むくみ、頭痛
    (急性腎不全、ネフローゼ症候群)

【参考サイト:http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/orthopedic/spine/NSAIDsuse.html

併用禁止薬

トリテレン(成分名:トリアムテレン)利尿剤です。併用すると急性腎不全になる可能性があります。プロスタグランジンの生成を抑える作用がトリアムテレンの副作用を増大させることが原因とされています。

併用に注意する薬

一緒に飲むと作用や副作用が強く出たり、両方の薬が効かなかったりすることがあります。使用する前に医師に相談してください。

  • 抗真菌薬(水虫薬など)のボリコナゾール(商品名ブイフェンド)
  • 抗凝血薬のワルファリン
  • 気分安定薬のリチウム(商品名リーマス)
  • キノロン系抗菌薬
  • 抗うつ薬(SSRI)
  • 抗リウマチ薬のメトトレキサート(商品名リウマトレックス)
  • 利尿薬
  • 降圧薬
  • 強心薬
  • 免疫抑制薬

使ってはいけない人

次のような人は病気を悪化させることがあるので、この薬を使ってはいけません。

  • アスピリン喘息の人
  • インフルエンザの子供
  • 消化性潰瘍のある人
  • 血小板減少症など重い血液の病気の人
  • 病状によって肝臓病・腎臓病・心臓病・高血圧症の人

注意して使う人

  • 妊娠中の人
  • 高齢者
  • 消化性潰瘍になったことのある人
  • 血液に異常のある人
  • 肝臓病・腎臓病・高血圧症・心臓病などのある人
  • 潰瘍性大腸炎・クローン病のある人
  • インフルエンザやデング熱などウイルス性感染症にかかっている人

ボルタレンジェネリックの効果を考察する!

pillpic

作用

成分のジクロフェナクナトリウムは炎症や痛み、発熱に関わるプロスタグランジンの生成を抑えることで神経痛や腰・肩の痛み、リウマチなどの痛みをやわらげ、炎症を鎮めます。また、脳中枢でもこの作用により発熱を抑え、熱を下げる働きをします。

この作用は、プロスタグランジンがまだ少ないうちに使うほうがより効果的です。したがって、痛む時にはがまんせず、早いうちに鎮痛薬を使うようにすると痛みが早く治まり、薬の使用量も少なく副作用の防止にもつながります。

効果

成分のジクロフェナクナトリウムは、同じNSAIDsに分類されるインドメタシンとともに、リウマチの症状を抑える効果が特に強いといわれます。特に鎮痛作用が強いため、関節リウマチの鎮痛、炎症の治療に多く使われます。

医療用麻薬ではない鎮痛剤の中では鎮痛作用が最も強い部類とされ、鎮痛剤として広く使われているロキソニンなどでは対処できない痛みにも使われます。特にがんの骨転移による強い痛みには有効とされています。

用途

次のような症状の鎮痛、消炎に使われています。ただ、原因となる病変の治療効果はありません。

  • 関節リウマチ
  • 変形性関節症
  • 変形性脊椎症
  • 腱鞘炎
  • 頸肩腕症候群
  • 神経痛
  • 後陣痛
  • 骨盤内炎症
  • 月経困難症
  • 膀胱炎
  • 前眼部炎症
  • 歯痛
  • 急性の上部気道炎の解熱、鎮痛
  • 手術後、および抜歯後の鎮痛や消炎
  • 筋肉痛、腰痛、けがの痛みをやわらげるため
  • その他アルカロイドのような医療用麻薬成分と組み合わせたり、抗精神薬と組み合わせてがん患者の痛み止めに使われます。また悪性リンパ腫で起こる発熱に対して有効であるとされています。

    作用時間

    この薬は胃腸で薬が早く吸収され、効果が現れるのが30分程度と即効性があります。効果の持続時間は6~8時間とされています。排泄(はいせつ)も速いため、体内に薬が蓄積しません

    ボルタレンジェネリックの【体験者】の口コミ・評判は?

    reviewpic_1

    ボルタレンジェネリックを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

    2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

    評価 ★★★★
    痛風なので、痛みの発作が起こったときの対処目的で購入しました。先日発作が起きて、その後一週間で場所を変えてまた起きました。最初は1回100mgを一日で3回飲むとよく効き、それで治まりました

    一週間後の発作では効きが悪かったので、ロキソニンに変えて120mgを3回飲んで何とかしのぎました。ロキソニンより強力だと聞いていたのですが、効き目は発作の場所にもよるのでしょうか。

    所定量の3倍もの量を飲んでも効かないのは個人差でしょうか。2回目なので耐性かもしれません。受診を考えてはどうでしょうか。

    評価 ★★★★★
    所定の量でよく効いて、助かっています。業種が体力を使う仕事なので、疲れる上に筋肉痛までがしょっちゅう起こります。それも全身筋肉痛になるので、次の日は起きるのが大変つらくてこの薬を使っています。

    ボルタレンジェネリックを飲むと、十分休息をとった休み明けのように体が楽に動きます。あまりいい使い方ではないなと思いながら、全身のひどい筋肉痛で、どうしてもつらくて体が動かない時だけ飲むようにしています。

    かなり激しい仕事のようでお疲れ様です。筋肉痛に使うことは別に問題ないので、使いすぎにだけ注意してください。

    評価 ★★★★★
    持病のようになってしまった、慢性の上顎洞(じょうがくどう)炎と、これも慢性の扁桃腺炎による痛みの緩和に使っています。

    ボルタレンの座薬も使ったことがあります。座薬より効果が出るのは少々遅いのですが、持続力があります。私にはちょうどいい長さです。

    他にも効くかどうか、何か別の痛みが出たら試してみようと思っています。副作用の影響ですが、私はもともと潰瘍持ちなので心配です。悪化して出血でもしたら困るので、ムコスタなどの保護剤を用意しようと思います。

    慢性の症状に合っているようです。元の病気は治せないのが残念ですね。ムコスタの用意は賢明です。

    評価 ★★★★★
    ボルタレンをもらいに病院へ行くのは面倒で時間もとられるし、ロキソニンみたいに薬局で買えないかなと思っていました。それがサイトから買えるのがわかってうれしいです。値段も安いので助かりました。

    痛み止めの効果は最強で、副作用の胃への影響も強いとの事です。でも私の胃は丈夫にできているので、何も感じません。胃が弱い人は制酸剤を一緒に飲むといいみたいですね。

    丈夫な胃がうらやましいです。でもボルタレンの副作用も強力ですから油断しないでください。それから胃の保護は制酸剤では不十分です。粘膜保護作用があるサクロンや中外胃腸薬がおすすめです。

    評価 ★★★★★
    あちらこちら痛いことがよくあります。それと風邪をひいて熱があるときなどにもよく使います。手元にあるとすぐに使えて便利です。ボルタレンジェネリックは安くてたくさん入っているのがとても助かります。

    ただ、作用が強い薬のようで、続けて飲んだり量を増やしたりすると胃腸が荒れます。そしていつも使っていると効き目が悪くなってくるので、飲み方には注意しながら使って行きます。

    副作用や耐性を感じながらひんぱんに使われているようです。比較的副作用の出やすい薬なので、使いすぎに注意しながら使いましょう。

    評価 ★★★
    以前は病院で処方してもらった37.5mgのボルタレンを飲んでいました。それがなくなったのでこの薬を買ってみました。効果はあまりはっきりとは感じられませんが、それなりに効いているのではないでしょうか。

    この薬は1錠50mgで用量が処方薬より多いのですが、副作用は出ていません。それで胃腸薬も必要ありません。使うのは生理痛のときくらいで、効いているようです。続けるかどうかは未定です。他に何かいいのがあるかもしれないので。

    効かなかったら痛いはずなので、たぶん効いていると思います。値段もかなり安いし、悪くはないでしょう。

    評価 ★★★★★
    私は背中の痛みに使っています。病院で後縱靭帯骨化症と診断されて、ボルタレンの25mgを処方されていました。飲むのは痛い時だけの対処です。病院では決まった日数分しか出されないし、通院も面倒です。

    ボルタレンジェネリックにすると、通院回数が少なくなるし薬がたくさん手元にあって安心です。値段も安く満足しています。ただ、副作用の胃への負担があるので胃薬のガスターを用意しています。

    通院は面倒なので、同じ効果の薬が安く手に入るならそっちのほうがいいですね。胃薬は制酸剤より、セルベールやサクロンなど粘膜保護効果があるものが効果的です。

    定番サイトでもっとレビューを見る

    ボルタレンジェネリック通販の危険性について

    通販ではなく、個人輸入

    ボルタレンジェネリックは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

    一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

    つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

    個人輸入する上での注意点

    ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

    また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

    ボルタレンジェネリックを個人輸入する方法

    buypic_1

    自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにボルタレンジェネリックを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

    日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

    では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

    オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

    ボルタレンジェネリックの取り扱い価格を比較してみます。(といっても、アイドラッグではジェネリック品は取り扱いなしでした)

    1箱100錠
    オオサカ堂 アイドラッグ
    1箱 2,324円

    海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

    最新の価格と口コミをチェックする


 
いつもお世話になっている大手個人輸入代行オオサカ堂↓↓↓

たまにお世話になっているアイドラッグストアー