⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

ラクサールクリームとは?詳細を解説!

ラクサールクリームは、肌に直接塗布する局所麻酔薬です。有効成分は、リドカインとプリロカインの2種類。リドカイン単体よりも皮膚への浸透率が高く、真皮にまで有効成分が届くため、痛みを確実に阻止することが可能です。

ラクサールクリームの効能はレーザー照射を行う時の痛み、注射針・静脈留置針を刺すときの痛みの緩和です。日本では同成分同量配合のクリームが「エムラクリーム」という名前で佐藤製薬から販売されています。

ラクサールクリームの副作用を考察する!

riskpic_1

ラクサールクリームは局所に塗布するクリームです。そのため、全身に作用するような重大な副作用はほとんど認められていません。

比較的よくみられる副作用

エムラクリームの国内で行われた臨床試験の話ですが、おおよそ100例中、35.1%に何らかの副作用が発現しています。その内訳は次のようになります。

  • 適用部位紅斑33.0%
  • 適用部位蒼白8.2%
  • 紅班、潮紅、錯感覚、ALT(GPT)増加がいずれも1.0%

【参考サイト:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00060243.pdf

適用部位蒼白

塗布した部分の血の気がなくなり、青くなっている状態のことを言います。

錯感覚

触られたときなどに、通常とは違う感覚があることです。(たとえばただ触られているだけなのに、痛みや冷たさを感じる)

重大な副作用

重大な副作用として、ショック、意識障害、メトヘモグロビン血症の報告があります。いずれも海外で起こったという報告のみであり、発現頻度はわかっていません。

メトヘモグロビン血症

血中に、通常のⅡ価鉄イオンではなく、Ⅲ価鉄イオンと結合したメトヘモグロビンが存在する状態を言います。

メトヘモグロビンは酸素とは結合しないため、酸欠状態になり命に関わることもあります。症状としてはチアノーゼ、頭痛、めまい、悪心、呼吸困難です。

使用してはいけない人、慎重に使用すべき人は?

もともとメトヘモグロビン血症のある人やラクサールクリームの成分(リドカインとプリロカイン)に過敏な人は使用できません。

また、次のような人は慎重に使用します。

  • グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G-6-PD)が欠乏している人
  • 心刺激伝導障害のある人
  • 重い肝障害、腎障害のある人

使用できるか不安がある場合は、病院で確認したほうが安心です。

ラクサールクリームの効果を考察する!

doctorpic

ラクサールクリームは有効成分リドカインとプリロカインを含む局所麻酔薬です。レーザー照射(脱毛)の痛みや、針を刺すときの痛みを緩和します。

作用機序

痛みを感じる神経は真皮に多くあるため、麻酔効果が十分に発揮されるためには、有効成分が皮膚の奥にある真皮にまで到達しなければいけません。そのためには疎水性の局所麻酔薬を高濃度に含んだ水分含有量の高い薬をつくることが必要でした。

リドカインとプリロカインは、常温でそれぞれ固体ですが、混合することで融点が下がり、液体となるという特性があります。そのため、混合するために可溶化剤(油)を添加する必要がありません。ですからラクサールクリームは水分を多く含み、かつ油滴中の薬剤濃度を高く保つことができるのです。

作用時間

ラクサールクリームの麻酔効果が現れるのは、塗布1時間後と言われています。効果持続時間は1~2時間です。あまり薄くのばすと十分な効果が得られない可能性がありますので、適度に厚みを持たせて塗布し、その後ラップなどで覆います。

顔に使用する場合は、メイクをしたままや、洗顔していない(皮脂が多くある)状態ですと効果が薄れますので、クレンジング、洗顔の後に塗布するようにしましょう。

ラクサールクリームの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

ラクサールクリームを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
以前はキシロカインゼリー2%を使っていましたが、満足のいく効き目ではありませんでした。ラクサールクリームは5%ですのでさらなる効果を期待して購入しました。

キシロカインと同量なのにほぼ同じ値段で購入できますし、それほど厚く塗らなくても持続時間が長かったです。もちろん効き目も良かったのでまた購入するつもりです。

キシロカインゼリーはリドカイン単体の局所麻酔薬です。それなりに強力な作用がありますが、2%と5%の差、また、真皮に届くかどうかの差は大きいのでしょうね。

評価 ★★★★★
ダーマローラーの際に使うために購入しました。ダーマは局所麻酔なしでは、とてもじゃないけれど使えません。まず洗顔し、ラクサールクリームを顔に薄く塗って、ラップで30分置きます。

その後思い切ってゴロゴロしていますが、ほぼ無痛でした。すごい麻酔効果で驚きました。最近はたまに痔で痛いときにも使用しています。

痔にも使うとはすごい発想ですね。局所麻酔なのでそのとき痛みを麻痺させるだけですが、その瞬間を乗り切れれば良いというならば塗布自体は問題ありません。

評価 ★★★
美顔系レーザーの治療前に使っています。クリームの色は白で、においはありません。テクスチャーがややゆるいので、厚めに塗りたくてもちょっと難しいです。

厚く塗らないと効き目がいまいちなので、微妙です。1本で5回分くらいはあるのでコスパは良いのですが、生理中とかで少し体調が良くないときに使うとちょっと気持ち悪くもなりました。リピするかは悩み中です。

厚めに塗布してすぐラップで覆うようにしましょう。顔全体に塗布してからですと、最初に塗布した部分は時間が経ってクリームが垂れてくるかもしれません。また、体調によっても副作用が出たり出なかったりします。あまり良くないときは使用を避けましょう。

評価 ★★★★★
セルフダーマ用に購入しましたクリームの白さで肌が隠れてしまうくらいたっぷり塗るとまったく痛みを感じません。私はラップを密着させ45分待ちました。1.5mm針を使用していますが無痛です。

エムラクリームより安いですしこんなに効くなら言うことなしです。ただ麻酔効果が30分くらいしかもちません。さっさとやらないと痛い思いをします。

ダーマローラーで使用する人が多いようですね。効果持続時間は1~2時間とされていますが、塗布した量や皮膚の状態などによっても異なってくるのでしょう。

評価 ★★★★
ダーマで顔に使用。効果はあります。ただクリームの塗り方にムラがあるのか、痛みをほとんど感じない部分と、我慢できる程度に痛みが残っている部分があります。

それから、クリームを洗い流すときお湯だと痛かったです。水では平気でした。なくてはならないものであることは確実ですが、いまいち使い方に試行錯誤している状態です。ちなみにクリームは冷蔵庫に保管しています。

しっかりまんべんなく塗布するって難しいかもしれません。あるいは完全にラップで覆うことができていない可能性もあります。十分に覆うことができていない部分は、やはり麻酔効果が薄れるようです。

評価 ★★★★★
痛みには弱いほうです。エステの光脱毛(VIO)をしていますが、痛みに耐えられず何とか軽減したくて購入しました。初めて塗った時、塗った部分の肌が白くなりびっくりしましたが、しばらくしたら元に戻りました。せっかく購入したので再度使ってみたら白くなりませんでした。

結局、白くなったのは最初の1回だけでした。思った以上に痛みも軽減されましたし、お安いのでこれからも使い続けます。

白くなったのは、適用部位蒼白という副作用かもしれません。わりとよくみられる副作用です。1回だけとのこと、そのときの体調なども関係しているかもしれませんね。

評価 ★★★★★
本当によく効くので驚いています!塗っただけで皮膚の感覚がなくなるなんてすごい。歯科麻酔の注射が怖かったし痛かったので、このクリームは画期的だと思います。

私はダーマペンを顔に使うときに塗りました。最初はケチって薄く塗ったので痛かったのですが、2回目は厚めにしたら一切痛みを感じずに行うことができました。

よく効いて良かったですね。やはりたっぷり厚めに塗ることが、効果を最大限に引き出すポイントのようです。

定番サイトでもっとレビューを見る

ラクサールクリーム通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

ラクサールクリームは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

ラクサールクリームを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにラクサールクリームを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

ラクサールクリームの取り扱い価格を比較してみます。

1本30g
オオサカ堂 アイドラッグ
1本 2,474円 2,390円
2本 4,167円 3,980円
3本 5,861円 5,640円
6本 9,837円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする