⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

ロキソニンとは?詳細を解説!

ロキソニンは痛みや炎症を和らげ、熱を下げる働きがある薬です。有効成分はロキソプロフェンナトリウム。ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれており、炎症の元となるプロスタグランジンがつくられるのを阻害する働きがあります。

また、プロドラッグ(体内に入って代謝されてから薬の作用が高まる薬)なので、胃腸障害の副作用が他の消炎・鎮痛剤に比べて少ないのが特徴です。錠剤のほかに細粒、ゲル、テープ、パップがあります。

ロキソニンの副作用を考察する!

riskpic_1

ロキソニンは2011年にドラッグストアでも購入できるようになり、病院でもさまざまな科で処方されていますので、身近な鎮痛剤として常備している人も多いでしょう。

しかし、副作用は重大なものから軽微なものまで、数多くあります。発現頻度は少ないですが、2016年3月に新しく追加された重大な副作用もありますので、しっかり頭に入れておいたほうが良いでしょう。

2016年3月に追加された重大な副作用

次のような副作用が起こる可能性があります。

  • 小腸・大腸の狭窄・閉塞
  • 消化管穿孔

消化管穿孔とは胃や腸に穴があくことで、緊急に手術しなければならないことも多い疾患です。ロキソニンを服用している間は次の初期症状に注意が必要です。

  • みぞおちが痛い
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲不振

それ以外の重大な副作用

小腸・大腸の狭窄・閉塞、消化管穿孔以外にも以下の重大な副作用が報告されています。ロキソニンを服用して、少しでも不安な症状が現れた場合は、医師に相談したほうが良いでしょう。

  • ショック
  • 無顆粒球症
  • 急性腎不全
  • うっ血性心不全
  • 間質性肺炎
  • 消化管出血
  • 肝機能障害
  • 喘息発作
  • 無菌性髄膜炎
  • 横紋筋融解症

よくある副作用

ロキソニンの使用実態を調査した結果、総症例13,486例中、報告された副作用は409例で(全体の3.03%)、その主なものは消化器症状(2.25%)でした。具体的には、次のような症状です。

  • 胃部不快感
  • 腹痛
  • 悪心・嘔吐
  • 食欲不振

【参考サイト:http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/430574_1149019C1149_1_07.pdf

これらは小腸・大腸の狭窄・閉塞や消化管穿孔の初期症状とも重なるので、不安になるかもしれませんが、症状が重くならなければ問題ありません。どんどんひどくなるようでしたら、すぐ病院を受診してください。

薬の併用には注意

併用に注意しなくてはいけない薬は多くあります。常用している薬がある場合は、該当しないか確認してから服用しましょう。

ロキソニンの効果を考察する!

pillpic

ロキソニンは解熱、鎮痛、消炎作用のある薬です。痛みに関して言えば、たいていの痛みに効果があります。主に次のような症状に鎮痛効果があります。

  • 関節リウマチ
  • 変形性関節症
  • 腰痛
  • 歯痛
  • 手術後や外傷後
  • 抜歯後の痛みに対する消炎、鎮痛効果
  • また風邪や気管支炎の際の解熱、鎮痛効果

そのほか頭痛、生理痛、肩こり痛などに使用している人も多くいます。

服用方法

ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の中では作用が強いタイプの薬で、1回60mg(1錠)、1日2~3回の服用で効果を発揮します。効果が現れるまでの時間も早く、血中の濃度は約30分で最高濃度に達します。

服用後5時間程度で血中濃度はほぼ0になりますので、1日2回以上服用する場合は、5時間前後あければ問題ないでしょう。ただ、胃腸障害が現れやすいので、食後に服用するか、あるいは胃薬もあわせて服用するようにしましょう。

ロキソニンは対症療法

このようにロキソニンは、服用すればすぐ痛みや炎症を抑えてくれる便利な薬ですが、あくまでも対症療法であり、痛みや炎症の原因そのものを治す薬ではありません。

ですから原因に目を向けず、痛いからといってロキソニンを漫然と服用し続けるのは避けてください。また15歳以下の人は服用できません。注意してください。

ロキソニンの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

ロキソニンを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
本当によく効きます。天気が悪いと偏頭痛がひどくなるタイプですが、他の鎮痛剤ではどうにもおさまらない痛みも、ロキソニンは1錠飲めばすぐ痛みがなくなります。日本のものと効果も変わりませんし、値段も安いので助かります。

頓服ですので特に副作用もありません。ただロキソニンを飲むときは水を多く飲むよう心がけています。

偏頭痛で悩んでいる人にもロキソニンは好評のようです。肩こりから頭痛がくることも多いですので、肩こりも頭痛も同時に効いてくれるのは助かりますね。

評価 ★★★★★
生理痛がひどくても、どうしても仕事しなければいけないときに飲んでいます。接客業なので痛いとも言ってられないので。朝飲めば仕事中はもつので助かってます。

病院に行くほどでもないですし、ロキソニンを処方してくれるかもわからないので、ネットで購入できるのはありがたいです。あと扁桃腺が腫れたときにも飲んでいます。

痛みの申告具合や医師の好みで処方される鎮痛剤も変わってくると思います。その点、ネットは簡単に手に入るのでストレスがないですね。

評価 ★★★★
リピーターです。普段はイブプロフェン系を飲んでいますが、効かないときはロキソニンと決めています。処方してもらう数には制限があるので、こちらでまとめ買いできるのは嬉しいです。

両足の親指に外反母趾があり、長時間歩くとやはり痛みだすので、常に持ち歩いています。すぐ効きますし、痛みも2日くらいでおさまるので、なくてはならない薬です。

外反母趾の痛みもつらいですね。2日間と短期間での服用なので問題はないかと思いますが、痛みが頻繁でよく服用するようであれば、定期的に血液検査は行ったほうが良いでしょう。

評価 ★★★★★
腰痛&頭痛持ちとしてはないと困る薬です。腰痛がひどくて眠れず、辛いときにはとても助かりました。個人差はあるかと思いますが、私は約30分後くらいに効果が出ます。

毎回病院に行って薬をもらう時間と手間を考えたら、それほどお高いものとは思いません。胃に負担がかかっている感じもありませんので、また購入したいと思います。

腰痛や頭痛も根本的に治すことができればいいのですが、なかなか難しいと思います。ストレッチや整体等を取り入れながら、ロキソニンも活用していければいいですね。

評価 ★★★★
寝ている間、口呼吸をしていることが多いようで、朝、喉が痛いことがよくあります。これはひどくなりそう、と思うときにはロキソニンを1錠。その日の夕方にはいつの間にか痛みが治まっています。

仕事がどうしても休めないときの喉の痛みには、風邪薬よりロキソニンのほうがおすすめです。風邪薬はどうしても眠くなってしまうので。

ロキソニンは0ではありませんが、眠気の副作用がほとんど見られません。日中、眠くならないことは特筆すべきですね。

評価 ★★★★★
疲れがたまると首からこめかみにかけて痛みが出たり、歯茎が腫れたりします。たまに行くかかりつけではロキソニンを処方してもらっていますが2週間分しかもらえません。

それで薬局での購入も試みますが、数量も少ないうえ、薬剤師の説明を聞かないとけないのが面倒で億劫になっていました。私は飲んで15分で効くので、こちらで購入できて助かっています。

ロキソニンは本当にさまざまな痛み、炎症に効くのですね。服用して15分で効くとのこと、いざというとき助かりますね。

評価 ★★★
痛風の発作が出たときに利用するつもりで、あわてないように前もって購入しました。まだ飲むチャンスがないので効果のほどはわかりませんが、病院で処方される薬と変わりなければ良いなと思います。

妻はリウマチで関節が痛む寒い時期にたまに服用しているようです。空腹時はやはり胃が痛むらしく、いつも食後に飲んでいます。

通風の痛みも耐えられないと聞きます。しかも突然来ることが多いですからロキソニンを手元にもっておけば安心ですね。

定番サイトでもっとレビューを見る

ロキソニン通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

ロキソニンは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

ロキソニンを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにロキソニンを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

ロキソニンの取り扱い価格を比較してみます。

1箱20錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 1,653円 1,720円
2箱 2,636円 2,690円
5箱 5,072円 5,120円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする