⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

オルリファストとは?概要を解説!

オルリファストは食事で摂った脂肪の約30%を体内に取り込まず、外へ排出させるダイエット薬です。具体的には、腸内の脂肪分解酵素であるリパーゼに作用して、腸管からの脂肪の吸収を妨げます。

簡単に言うと消化不良状態を作り出して、食べた脂肪分をなかったことにしてくれるのです。

オルリファストは、スイスの製薬会社ロシュ社が発売している「ゼニカル」という薬のジェネリックです。米国ではすでに肥満治療薬として認可されていますが日本ではまだ認可が下りていません。

オルリファストの副作用を考察する!

riskpic_1

下痢、急な便意が見られる、おならと同時に油が出てくる。

もっともよくある副作用が下痢です。消化不良状態をつくっているわけですから、当然といえば当然です。脂を多く含んだ便のため、おならをしそうになったら無意識に油も出てきたりすることが考えられます。

また腹部や直腸がなんとなく不快、脂肪便(脂のようなものが浮いた便)が出る等の副作用もあります。

ビタミンが不足する。

副作用ではありませんが、脂に溶けやすいビタミンA、D、E、Kやベータカロチンも体内に吸収されずに排出されてしまうため、ビタミンが不足しがちになります。

そのため免疫力が弱くなったり、筋肉が衰えたり、肌がかさかさ、髪がぱさぱさになることもあります。オルリファストを飲む時は合わせてビタミン補給のできるサプリメントを摂ることをおすすめします。

オーリスタット(オルリファストの成分)にアレルギーがある人は飲まない。

当然ですが、以前オーリスタットでアレルギーが出たことのある人は飲んではいけません。また他の食べ物やサプリメントでアレルギーが出たことのある人も、体調がなんとなく良くない時に飲み始めるとアレルギー症状が出やすいので避けたほうが無難です。

妊娠中、授乳中、18歳以下の人は飲まない。

妊娠中、授乳中、18歳以下の人の安全性は確立していません。そもそもこれらの人は、脂肪分の吸収を阻害させるような方法でダイエットをすべきではありません。

肝臓や腎臓の働きが弱っている人は注意。

オルリファストの服用で、まれに肝障害が起こることがあります。医薬品ですので、ある程度は肝臓に負担がかかります。

短期間であればまず問題はありませんが、長期間服用を続けていて、だるい、食欲がない、皮膚が少し黄色くなってきた、などの変化を感じたら医師に相談したほうが良いでしょう。

オルリファストの効果を考察する!

dietpic_1

オルリファストは食べた脂肪分を30%もカットするダイエット薬です。推奨摂取量は、1日3回、1回(オーリスタットとして)120mg(1カプセル)です。食事中あるいは食後に服用するのが効果的です。食後に飲み忘れに気づいても、1時間程度なら間に合います。

たとえば料理によく使われる、豚ロース肉。適度な脂身があっておいしい部位ですが、100gあたりの脂質は172.8kcalにもなります。オルリファストを飲めばその30%がカットされるわけですから52kcalがなかったことになるわけです。

豚ロース肉のとんかつ200gを食べたら、軽く100kcalはカットできます。100kcal=ウォーキング40分相当ですので、その効果は絶大です。

また、脂肪の吸収量を抑えることから、ダイエットだけでなく高血圧、脂質異常症、糖尿病等の成人病にも効果があると言われています。おいしいものは脂肪を多く含んでいます。運動せずに脂肪分をカットできるのであれば利用しない手はありません。

ただ、オルリファストにはすでに体についている皮下脂肪や内臓脂肪を減らす効果はありません。脂肪分が少ない食事をする時は、服用してもあまり意味がありませんので注意が必要です。

オルリファストの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

オルリファストを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
半年間で10箱ほど飲みました(1日2~3カプセル)。気持ち糖質制限をしましたが、あとは何もせずオルリファストのみで9kg落ちました。そのうち体脂肪は6.2kg減なので、まさにこの薬のおかげです。

ラーメンや焼き鳥を食べたときは効果が絶大で、空腹だと数時間で効果が出ることもありました。体調も問題ありません。これなしでは食事をするのが億劫なほどになりました。

運動せずに半年で9kg減とは誰もがうらやむ結果ですね。その多くが脂肪で、筋肉が落ちていないのがポイントです。

評価 ★★★★
美容外科に通っていた時にゼニカルが置いてあってずっと気になっていましたが、高額なので迷っていました。オルリファストはジェネリックというだけあって、お手頃なので試してみました。

1つ飲んですぐにお通じがよくなりました。最初は油が浮いていることに驚きましたが、トイレに行くたびにいかに食事で油を摂取しているか実感させられ、ダイエットのモチベーションをあげるのにも良かったです。便秘薬だとすぐお腹が痛くなってしまうのですがこれはそういったこともなく安心です。

ダイエットは継続することが大切です。オルリファストを飲むことで「モチベーションがあがる」というのは、金額がお手頃なことより重要かもしれません。

評価 ★★★★★
昼食後と夕食後に飲んでいます。他の商品と違って目に見えるので、続けてみようという気持ちになります。特に外食すると油分を多く摂ってるなとわかります。

以前、糖質制限ダイエットで逆に太ってしまったので、私にとっては油分をカットするほうが向いているのかもしれません。トイレの掃除は大変ですが慣れました。むしろ以前よりいつも綺麗で風水的にもよいと思っています。

この方も効果が目に見えることで、ダイエットに対するモチベーションがあがっているようです。トイレは汚れるけれども、掃除の頻度が増えてキレイになることがむしろ良いと、前向きなのもオルリファストのおかげでしょうか。

評価 ★★★
最初の1箱は内科で処してもらい現在4箱目です。医師いわく、ゼニカルやオルリファストは肝臓に負担がかかるそうなので、定期的に肝機能チェックはしています。また、3ヶ月飲んだら1ヶ月休むという様にしないと、副作用が出やすくなったり効きも悪くなるらしいです。

ラーメンや肉料理を食べた時は、脂が便とともに排出されて効果抜群ですが、普通の食事の時はこれといって効果が感じられません。体重は全く減っていませんが、脂っこいものを食べた時の保険と思って続けてます。

体重が減っていなくても、脂は体外に排出されている実感があるようですね。また、肝機能については、1年に1回会社で健康診断がある人であればそれほど心配しなくても良いでしょう。

評価 ★★★★
お肉や揚げ物が中心の食生活をしている私(男性)にとって、毎日どれだけ油を摂取していたのかがわかるようになりました。そして食生活を全く変えていないのに、体重が減ってきています。LDLコレステロール値が下がって正常になってきたのも数値で実感でき、嬉しい限りです。

ただ、油が勝手に漏れるのはたしかです。かなり気をつけて歩かないと大変なことになります。

お肉や揚げ物好きな男性は多いですよね。体重もそうですが、コレステロール値まで下がってきているというの本当にはすごいです。

評価 ★★★★★
本当に油が噴射します。飲んで1日目は何も起こらず、2日目におならかと思って一応便器でおならをしたらブシャ~!と油が…。万が一のときを考えると下着にナプキンは必須です。

これを飲みはじめて、油物を食べないように心がけるようになりました。これがダイエットに繋がっているのかもしれません。たくさん油が出た日は、前日の食事を反省するようになりました。

「目に見える」というのは食事内容を振り返ることにもつながるんですね。それで脂っこいものを控えるようになれば、ますますダイエットが成功しそうです。

評価 ★★★★
オルリファストがないと本当に不安です。チョコとお肉がやめられないので、毎回油が本当によく出ます。

毎日飲んでいると唇がカサカサになるので、ビタミン剤はしっかり摂った方がいいです。ただオイリー肌なので、顔のあぶらっぽさは抑えられて、ニキビが出来にくくなりました。化粧ノリも良くなってメイク直しも減りました。

肌が乾燥するという方も見受けられます。逆にニキビが減ったというオイリー肌の人はラッキーですね。

定番サイトでもっとレビューを見る

オルリファスト通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

オルリファストは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

オルリファストを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにオルリファストを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。
(私は他のサイトで購入したことはありません)

オルリファストの取り扱い価格を比較してみます。

1箱42錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 3,078円 3,030円
2箱 5,718円 5,630円
4箱 10,756円
6箱 15,518円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする