⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

アレルギーメディスンとは?詳細を解説!

アレルギーメディスンは、花粉症をはじめとするアレルギーの症状を緩和する薬です。主成分はジフェンヒドラミンで、アレルギー症状を起こすヒスタミンが分泌されるのをブロックする作用があり、抗ヒスタミン剤に分類されます。

主成分のジフェンヒドラミンは比較的早い時期に開発された抗ヒスタミン剤で、第一世代と呼ばれます。使われ始めてすでに長期間が経過して、使用実績が豊富にあるため、安全性については問題がないことがわかっています。

この成分には抗アレルギー作用とは別に眠気を起こす作用もあり、睡眠補助薬の成分として利用され、市販されています。アレルギーメディスンはアメリカで製造販売されており、国内ではネットから購入できます。

アレルギーメディスンの副作用を考察する!

riskpic_1

副作用

この薬に限ったことではありませんが、第一世代の抗ヒスタミン薬は、薬の特性としてさまざまな副作用が出やすいとされています。ジフェンヒドラミンは強い抗コリン薬でもあり、この作用が副作用にもつながっています。

眠気

現われる頻度が高い副作用です。ヒスタミンは脳内で覚醒状態を保つように働きます。ジフェンヒドラミンはこの作用を抑えるため、意識の感度が落ちて眠気があらわれます。

他に眠気と同じ作用で、めまい、倦怠感、頭痛、頭重感、集中力不足も起こります。特に眠気が感じられなくても集中力が下がっていることがあるので、車や機械の運転には注意が必要です。

また、この成分は脳内へ移りやすい性質があるので、よりストレートに中枢神経に働き、眠気も強くなります。この性質を逆に利用して、睡眠導入薬ドリエルなどが作られ市販されています。

口の渇き

これも抗ヒスタミン薬に多く現われる副作用です。分泌腺の働きを抑えるため、唾液の分泌が少なくなり口の中が乾きます。胃の分泌腺もにも影響し、胃液の分泌も減ります。

また消化管全体の動きも抑えられ、むかつき、食欲不振、下痢、便秘などが起こります。頻度は不明ですが、腸の蠕動が抑えられるために、腸閉塞の可能性も指摘されています。

排尿障害

ジフェンヒドラミンの抗コリン作用が交感神経に働き、膀胱の排尿筋を緩めるので尿を排出する力が弱くなります。また、尿道も細く収縮するために尿が出にくくなる可能性があります。高齢者には特に現われやすくなります。

もともと前立腺が肥大している人は普段から尿がでにくく、そこへ副作用が起こると尿が止まってしまう可能性があります。このため前立腺肥大症や腫瘍、結石といった尿路閉塞性疾患のある人はこの薬は使ってはいけません。

眼圧増大

ジフェンヒドラミンは瞳を開閉させる筋肉を緩め、房水の流出量を減らして眼圧を高くする副作用があります。このため緑内障(眼圧が高くなり、視神経を圧迫して見えなくなる病気)の人はこの薬を使えません。

その他、下記の症状が現れる可能性があります。

  • 過敏症
  • 心拍の増加
  • 動悸
  • 運動失調
  • 肌の紅潮
  • かすみ目
  • 短期的な記憶障害
  • かゆみ
  • 体温の上昇(通常、手や足)
  • 一時的な勃起障害

薬を併用する際の注意点

他に病気や症状があり薬を使用している場合、作用が重複して強くなったり、副作用が強く現われることがあるので注意が必要です。

鎮静剤、安定剤、抗不安薬、抗うつ薬、アルコールとの併用

中枢神経抑制剤、MAO阻害薬などの薬物と併用すると、両方の成分が重なって中枢神経抑制作用が強く働くため、眠気などの副作用が強く現われます。使う量を減らすなどの処置が必要です。

抗コリン作用を持つ薬剤

併用すると抗コリン作用が重複し、口の渇き、尿閉、腸閉塞、便秘などの副作用が強く現われます。またコリン中毒としてせん妄、昏睡、けいれんなどが起こることがあります。

抗コリン作用のある薬には、パーキンソン病薬、レスポリミンなどけいれんを鎮める作用のある胃痛・腹痛薬、酔い止め薬、三環系抗うつ薬などがあります。

使用を避けるべき人、注意すべき人

高齢者、幼児、妊娠中、授乳中の方は下記の理由から注意が必要です。

  • 高齢者:抗ヒスタミン作用の鎮静、めまい、副作用の口の渇きや排尿障害などが強く現われやすいのでよく注意が必要です。
  • 幼児:興奮、けいれんなどの副作用の危険性が高いので、使用しないでください。
  • 妊婦、妊娠の可能性がある人:胎児の奇形リスクが高くなるとの報告があります。使用を避けてください。
  • 授乳中の人:乳児に成分が移り、昏睡が現われた報告があります。薬を飲んだら授乳しないでください。

副作用の項でも述べましたが、緑内障の人、前立腺肥大症など尿路に閉塞性の障害がある人は使用を避けてください。

【参考サイト:http://www.kowa-souyaku.co.jp/upload/item/51/1-pi_128.pdf

アレルギーメディスンの効果を考察する!

sleeppic_1
アレルギーの原因物質による刺激で、免疫系統の細胞からヒスタミンなどの伝達物質が分泌されます。これと受容体が結びつき、その刺激でくしゃみ、かゆみなどの症状がおこります。

ジフェンヒドラジンは、ヒスタミンの分泌を抑えることで鼻炎や皮膚のアレルギー症状を抑える作用があります。また脂溶性で脳内へ入りやすく、中枢神経に働き鎮静作用から眠気や集中力の低下がおこります。

作用持続時間は比較的短時間とされます。服用後30分程度で効果が出始めます。血液中の濃度が最高になるのは2~4時間後、半減するのは5~8時間後です。個人差はありますが、効果が期待できるのは4~5時間になります。

これらの作用により次のような効果があります。

アレルギーによる諸症状の緩和

アレルギー反応によって引き起こる様々な症状を改善します。具体的には下記のような症状です。

  • じんましんなど皮膚のかゆみ、発疹
  • くしゃみ、鼻水、花粉症などの鼻炎
  • 気道の腫れ、たん
  • 目のかゆみ、充血、なみだ目
  • 下痢、腹痛などの胃腸症状

睡眠改善

副作用として現われる眠気を利用した効果です。脳中枢に働きかけ、神経の興奮を抑える鎮静作用によって眠気を誘います。寝つけない、途中で目覚める、眠りが浅いなどの軽い睡眠障害に使われ、一般的な睡眠薬とは違う作用です。

これを目的とした薬は睡眠導入薬、睡眠改善薬として市販されています。よく知られたドリエルを始め、ネオディ、リポスミンなどが有名です。作用は穏やかで、依存性もありませんが、気分的な習慣性が見られることもあります。

パーキンソン病

脳中枢の異常で、主な症状は震戦(ふるえ)、こわばり、動作の緩慢化、姿勢維持の困難などです。原因は脳神経の伝達物質の異常とされていますが、はっきり解明されていません。

この病気の初期、症状がふるえだけの頃に単独で、また進行してからは補助的にジフェンヒドラジンが使われます。震えの症状に効果がみられますが、筋肉の硬直や動作の緩慢化には効きません。

メニエル病

めまいが主な症状です。周囲が回ったり、ふわふわする感覚があらわれ、女性に多いとされます。原因は耳の三半規管内部のリンパ液がふえ、神経を圧迫するために起こります。

ジフェンヒドラジンは、圧迫されて神経に起こった異常な平衡感覚を鎮静させる働きがあります。それに加えて、中枢神経にも働きます。そのため、めまいによって中枢神経が刺激され興奮して起こる吐き気を鎮めます。

乗り物酔い

メニエル病に対する作用と同じで、めまいや吐き気を抑えます。トラベルミンがよく知られた市販薬です。

アレルギーメディスンの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1
アレルギーメディスンを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
不安感につきまとわれて寝つきが悪かったり、朝早く目覚めてしまうなどで、睡眠不足に悩まされていました。これを飲むと20分くらいで寝付き、そのまま朝まで眠れます。熟睡感があり、睡眠不足から開放されました。

通常使うのは1錠だけで、効果は十分あります。飲む前は朝起きられるかが不安でしたが、そんな心配はいりません。休日前夜などゆっくり休みたい時だけ2錠飲んでいます。たくさん入っていて価格的にも満足です。

効き目は穏やかとされていますが、1錠でよく効いていますね。少ない量だと副作用の心配も少なく、安心感も生まれてよりよい効果が期待できます。

評価 ★★★
アレルギーメディスンを最初見た時は、ラベルの色使いに少し引き気味でしたが、睡眠導入剤としては確かに効果はあります。ただ、作用は穏やかなので、3錠飲んでもダメなときもありました。元々アレルギー薬なので、納得はしています。

私にはアレルギー性の鼻炎で鼻づまりがあるので、そちらへの効果で治るかなと期待していましたが、それはほとんど効きませんでした。鼻水が出る症状の人には効いたかもしれません。

たしかに効き目は穏やかですし、体調によっても差が出ることがあります。また鼻づまりにはあまり効果がないようです。

評価 ★★★★★
飲む前は見た目でちょっと不安がありました。使ってみると効果を実感しており、出張時などの寝つきにくい時に使用しています。人により差があるとは思いますが、私なりの感想です。

3錠飲んで1時間くらい経つと、軽い眠気を感じるようになり、そのまま朝まで眠れます。朝起きられなかった事は最初の1度だけでした。ただ、飲むタイミングは帰宅後すぐがいいと思います。量は3錠から増えることはありません。安いのが最高にありがたいです。

少し量が多いようですが、連用せず耐性もなさそうなので大丈夫ですね。

評価 ★★★★★
眠れないと思った時に飲んでも30分くらいで効いてくるので、即効性があります。寝ている途中で目が覚めることはありませんが夢をよく見ます。悪夢ではありませんが、悪い夢です。

朝は少し寝覚めが悪い気がします。たいていは午前中だけですが、頭が重くだるい感じで痛くはありません。薬の効き目は大変いいと思います。それに量も値段も大変満足で、この量でこの値段?といった感じで、皆さんにおすすめします。

安くてよく効いて、大満足のようですね。朝の寝起きも人によりいろいろです。少し飲む時間を早めてはどうでしょう。

評価 ★★★★★
輸入物の錠剤は大体大きくて飲みにくいのですが、アレルギーメディスンはめずらしく小さくて飲みやすいサイズだと思います。色は派手なピンクで、あまり口には入れたくない色です。

目的は睡眠の改善と、原因不明のくしゃみ、涙目、目の痒みの改善です。3錠飲んで1時間ほどで眠気が来たので、そのまま寝ると熟睡できました。朝は体がだるい感じがしただけで、くしゃみなどの症状も消えました。いい薬だと思い満足です。

両方効きましたか。痒みなどは狙い通りアレルギーだったようです。次は2錠にすると朝のだるさもなくなるかもしれません。

評価 ★★★★★
購入のきっかけは鼻炎です。うっとうしい症状から何とか逃れたいと思って飲みました。飲むのは1錠ですが結果は良好で、鼻炎にはきちんと効きました。それに睡眠導入剤としてもよく効いています。

眠気に襲われるというのではなく、寝ようとするとすぐ眠りに入り、途中目が覚めてもまたすぐ眠れます。寝不足で昼前に眠気が来て困っていたのから開放され、疲労感もかなり楽になりました。

自然な効き目で快適なようです。量が少ないせいか副作用もないようで、よかったですね。

評価 ★★★★★
睡眠の改善が目的で購入しました。睡眠薬ではなく、睡眠導入剤として使うためです。その目的に沿った効果は出ていると思います。それと元々あった原因不明のアレルギー症状が良くなってしまいました。

1年ほど前からで、病院で調べても原因不明で処置なしでした。たまたま購入して飲んだこの薬が効いたようで、助かりました。もう半分に減りましたが、量が多くて安くつくのであまり苦になりません。また買います。

思わぬ効果が出たようですね。たくさんあっても飲み過ぎないようにしてください。

定番サイトでもっとレビューを見る

アレルギーメディスン通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

アレルギーメディスンは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

アレルギーメディスンを個人輸入する方法

buypic_1
自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにアレルギーメディスンを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

アレルギーメディスンの取り扱い価格を比較してみます。(といっても、アイドラッグストアーでは取り扱いなし)

1本600錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1本 2,394円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする