⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

クリアリンとは?詳細を解説!

クリアリンはノバルティス社が製造販売する目薬です。有効成分はナファゾリン塩酸塩。ナファゾリン塩酸塩は交感神経を刺激し、血管を収縮させる作用があります。

「目の充血」は、白目の部分の血管が拡張しているため赤く見えている状態です。クリアリンは目の粘膜に直接付けることで、目の血管を収縮させ、充血を抑えます。

ナファゾリン配合の目薬は薬局に数多く売られていますが、日本で処方箋医薬品として製造販売されているのは、ノバルティスファーマの「プリビナ液0.05%」のみです。

クリアリンの副作用を考察する!

riskpic_1

目の痛み、腫れ、散瞳

副作用として最も多いのは、目の痛み、腫れ、散瞳です。散瞳とは瞳孔(真ん中の黒目の部分)が拡大することです。

散瞳が起こるとまぶしくなったり、ピントが合わなくなって近いものがぼやけて見えたりします。これらの症状が出た場合には、眼科を受診しましょう。

閉塞隅角緑内障の患者は使用不可

閉塞隅角緑内障は緑内障のひとつです。閉塞隅角緑内障の人は眼圧が高く、激しい眼の痛みやかすみ等の症状がでます。

放置したままでいると失明の可能性もあるので注意が必要な疾患ですが、クリアリンを使用すると、さらに眼圧が高くなり症状が悪化することがありますので使用できません。

用法、用量を超えた使用は不可

クリアリンの用法・用量は、1日2、3回、1回に1滴~2滴です。

クリアリンの有効成分であるナファゾリン塩酸塩は、滞留時間が長く、かつ刺激も強いため一度に大量に使用したり、長期間にわたって連用することは避けましょう。

目薬は一般的に、1回1滴で十分薬効があります。点眼した後、ゆっくり眼を閉じ、目頭を押さえたまま数分間おいておくと良いでしょう。目薬をした後、ぱちぱちまばたきをする人がいますが、その方法では薬が涙点から鼻、のどへ流れていってしまいます。

MAO阻害薬との併用は不可

MAO阻害薬とは抗パーキンソン薬や抗うつ薬に使われる薬物の一種です。この薬と併用すると、クリアリンの昇圧作用がMAO阻害剤によって増強され、急激な血圧上昇を引き起こす可能性があります。

心臓疾患や高血圧の人は慎重に

同じく、心臓疾患や高血圧の人は体内に入った微量のクリアリンによって、血圧が上がったり、心臓に悪影響を及ぼす可能性があります。用法・用量を守って、慎重に使うようにしましょう。

クリアリンの効果を考察する!

eyepic_1

クリアリンは目の充血やかゆみを抑える効果があります。クリアリンの有効成分である「ナファゾリン塩酸塩」は点眼薬としてだけでなく、点鼻薬としても使われる成分です。鼻の中が腫脹(腫れること)し、鼻づまりになったときに腫脹を抑え鼻づまりを解消する効果があります。

ただ、気をつけたいのは、クリアリンで目の充血がきれいになくなったとしても、充血した原因そのものが治ったわけではないということです。

目が充血する原因はさまざまです。目をこすったり、異物が入ったり、コンタクトを長時間つけっぱなしにしたり、あるいはパソコンの使いすぎによる疲れ目、空調によるドライアイ等も考えられます。

そんな時、一瞬で目の充血をキレイな白目にしてくれるクリアリンは非常に頼りになる存在ではありますが、充血するほど普段目を酷使しているということです。充血は「目を休めて」のサインと捉えましょう。

また、クリアリンは目に潤いを与える作用もあります。しかし、クリアリンは1日2、3回と使用回数が決められています。

潤いを与えるのに目薬だけを頼らず、加湿器を利用して湿度を上げたり、パソコンの使用1時間につき5分程度は目を閉じて、目を休める等の対策をしてみるようにしましょう。

コンタクトレンズをはずしたとき、痒くて目をこすってしまう人は、角膜に負担をかけていると考えられます。コンタクトレンズの使用時間の半分をめがねに代えてみるのも良いでしょう。

クリアリンの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

クリアリンを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
パソコン作業が多く、コンタクトも1日14時間くらい装着しているので頻繁に充血します。そんなときにクリアリンを使うと白目がすっきりして助かります。本当に充血がすぐ引くので逆に怖いですが、人と会う前など、目をすっきりきれいにしたいときだけ使っています。

一度コンタクトをはずさないでさしてしまったらなんとなく違和感がありました。やはりコンタクト装着のままは止めた方がいいですね。

効果は抜群のようですね。用法・用量を守れば毎日でも問題はありませんが、目を休めることも平行して行う方がよいでしょう。

評価 ★★★
まつげ育毛の「ケアプロスト」を使ってますが、どうしても充血してしまうので購入してみました。難点といえば、ソフトコンタクトをしたまま点眼できないことです。

でもよく日本にあるような刺激系の目薬ではなかったので使いやすかったです。あとサイズが小さく、毎日使うとすぐなくなってしまうので、もう少し容量の大きいものがほしいです。

まつげ育毛剤を使用していると、育毛剤の成分が目に入って刺激物となっているのでしょうか。クリアリンは清潔さを保つために、開封後30日以内に使い切ることとなっています。30日分の適度な大きさの容器が採用されているのだと思います。

評価 ★★★★
目に使うものだから不安はありましたが試しに1本購入。使い心地はまったく普通で、しみることもありません。

白目に関しては、使った直後は充血がなくなります。しかし、私の場合は2時間くらいで元に戻ります。使い続けるといいのでしょうか?とりあえず、ひどいドライアイの症状は解消されるので1本使い切ってみようと思います。

クリアリンは、充血の症状を抑えている目薬なので、充血が治ったわけではありません。やはり、平行して目を休める努力をした方がよいでしょう。

評価 ★★★★★
もう何度も購入しています。常備していないと不安になるくらいです。量が少ないのが残念ですが、きっちり白くなります。人前にでる仕事をしているので、目のケアもしていますが、クリアリンはかかせないです。

1日2回、出勤前と夕方頃にさしてます。白目がきれいだとそれだけで若く見えるので嬉しいです。ちなみに夜はホットタオルでアイマスクをしています。アロマオイルをたくとさらにリラックスできますよ。

白目のにごりは確かに老けた印象を与えてしまいますよね。目は顔全体の印象を決めてしまうので、白目の白さキープに、クリアリンは間違いなく必須アイテムです。

評価 ★★★★★
ルミガンを使っていて、まつ毛は順調に伸びてきて良かったのですが、目が充血するようになってからクリアリンを試しました。点眼すると、ホントに白目がクリアになり気に入っています。

目が綺麗と褒められたこともあります。白目って重要なんですね。カラーコンタクトも映えるし。ただもう少し白目効果が持続してくれたらなーとも正直思います。

ケアプロストもそうですが、ルミガンと併用している方も多いようです。ダブル使いで理想の目元をゲットできるなんて最高ですね。

評価 ★★★★★
リピート購入です。効き目も毎回確実ですし、値段も安いので満足しています。仕事柄パソコンを使うことが多く、目にくるタイプで、充血だけでなく痒みもあります。でもこちらを使い始めてからは、目の充血がありません。視界もクリアになって気分まですっきりします。

コンタクト着用時に使用できないので、お昼休みにいちいちはずして使うのが面倒といえば面倒です。コンタクトを着けたまま使用できる製品もあればぜひ購入したいです。

十分な効果が得られているようですね。たしかに、コンタクト装着している人は多いですし、朝と寝る前だけの使用であれば問題ないのですが、外で「どうしても今クリアリン使いたい!」という場合は手間かもしれません。

評価 ★★★★★
男性ですが、しみたりしないので気に入っています。そして本当にすぐに充血が解消されるし、目がきれいになります。仕事が営業なのですが、嘘をつかなそうと言われたことがあります。おそらくクリアリンのおかげです。

ボトルの形状が初めてで使いづらかったですが、慣れですね。しばらくすると、気にならなくなりました。

目がきれいな男性なんて素敵ですね。目の清潔感を大切にしようと思える男性が素敵です。これで営業成績が良くなれば、費用対効果は抜群ですね。

定番サイトでもっとレビューを見る

クリアリン通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

クリアリンは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

クリアリンを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにクリアリンを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。

代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。
(私は他のサイトで購入したことはありません)

クリアリンの取り扱い価格を比較してみます。

1本10ml
オオサカ堂 アイドラッグ
1本 1,287円 1,110円
2本 1,857円 1,590円
3本 2,312円 2,170円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする