⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

アボルブジェネリックとは?詳細を解説!

アボルブジェネリックは、AGA(男性型脱毛症)の内服治療薬です。有効成分はデュタステリドで、先発薬アボルブのジェネリック医薬品になります。アボルブのジェネリックとしては、デュプロストや、デュタプロスがあります。

この薬の成分デュタステリドは、もともと前立腺肥大症の治療に使われていました。この成分の5α還元酵素の働きを抑える作用が、AGAの原因になる男性ホルモンの生成物DHTの濃度を下げることから、AGA治療薬に使われるようになりました。

アボルブジェネリックは、AGA治療薬として広く使われているフィナステリドと同じ作用を持つ5α阻害薬に分類されます。国内では個人輸入代行会社のサイトから購入できます。

アボルブジェネリックの副作用を考察する!

riskpic_1

副作用

この薬は男性ホルモンに作用するため、その影響がどうしても避けられません。主なものは勃起不全、性欲減退、乳房痛があります。国内の試験では、副作用の発生する頻度は403人の被験者の内、勃起不全が3.2%(13人)、性欲減退(リビドー減退)が1.7%(7人)、乳房痛が1.5%(6人)のようになっています。

また発生頻度については、成分のデュタステリドとフィナステリドとの比較データがあります。フィナステリドの場合は276件中11件(4%)の副作用が起こったのに対し、この成分では403件中44件(10.9%)でした。

条件が違うので単純比較はできませんが、2.5倍という数値を見る限り、デュタステリドのほうが副作用の発生率が高いというのは間違いなさそうです。

この差の一因は作用時間の長さにあります。フィナステリドが3時間半なのに対してデュタステリドは14日間程度と大きな開きがあります。効果にもつながりますが、副作用が多い原因にもなっています。

その他の副作用

めったにありませんが、肝臓の機能障害がおこる可能性があります。だるさ、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、黄疸症状、尿の色が濃くなるなどの症状が現われます。

リバウンド

アボルブジェネリックには、原因になる5α還元酵素をなくす効果はありません。一時的に作用しないように抑えるだけなので、薬をやめるとまた薄毛が進行し始め、そのまま以前のような、あるいはそれ以上に毛が抜けてしまう可能性があります。

耐性

アボルブジェネリックには、飲み続けると体が慣れて薬に対して反応しなくなる耐性がつきやすい性質があります。効きにくくなって量を増やし、また効果が薄れて量を増やすという悪循環になりやすいので、要注意です。

対応としては、使用をしばらく休み、リバウンドを避けるためにフィナステリドを使うことも考えられます。3ヵ月とか半年など定期的にフィナステリドとスイッチするのもいいでしょう。医師への相談も大切です。

禁止事項

次の方は基本的にアボルブジェネリックを使うことが禁止されています。この薬は皮膚から吸収されやすいので、さわってもいけません。うっかりさわらないよう注意してください。

  • 女性全般。特に妊娠中、授乳中の女性
  • 小児
  • 重度の肝機能障害のある人

アボルブジェネリックの効果を考察する!

hairpic_1

作用

AGA(男性型脱毛症)の原因の一つに、男性ホルモン(テストステロン)がかかわるものがあります。男性ホルモンの一部が、5α還元酵素のはたらきで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。

これが毛根部分にある毛母細胞を縮小させて、働きを弱めます。すると毛は十分成長できないうちに早く抜けおちます。新たに生える本数も減ってきます。これをくり返すことで、細い毛が少ししかない状態、薄毛になります。

成分のデュタステリドは脱毛の原因である5α還元酵素の活動をおさえます。この作用によりDHTが減って毛母細胞が活発になり、発毛がさかんになります。そして抜け毛がへり、十分成長した太くて長い毛がふえてきます。

効果

脱毛の原因になる5α還元酵素はⅠ型とⅡ型の2種類あります。フィナステリドはこのうちⅡ型だけにしか作用できませんが、デュタステリドは両方に作用します。このためDHTを抑える作用もより強くなり、AGAの改善効果が高くなります。

フィナステリドとの比較試験では、12週間と24週間使用した結果、直径1インチ内の発毛本数はデュタステリドが82本と90本、フィナステリドが51本と57本という結果で、約1.6倍の違いがありました。

同成分のザガーロによる試験データがあります。下記のサイトを参照ください。
【参考サイト:https://www.hama1-cl.jp/zagallo/phase_three.html

また、男性ホルモンのテストステロンがDHTに変わるのを防ぐため、テストステロンの濃度は低くなりません。このため勃起障害などの性機能がおとろえる副作用も現われにくくなります。

併用効果

作用のしかたが違うミノキシジルとの併用が適当とされます。主に脱毛を防ぐ作用のアボルブジェネリックと、血流をよくして発毛を促すミノキシジルとの組み合わせは効果的といわれます。同じ作用同士の組み合わせは、あまり意味がありません。

また発毛の部位も、アボルブジェネリックは生え際に効き、ミノキシジルは頭頂部に効果的とされ、互いの作用を補い合うことで発毛作用が強くあらわれる事が期待されます。

効果期間

アボルブジェネリックは、飲み始めてから早ければ12週間くらいで改善効果が現われることがあります。ただ、個人差や体調の関係もありますので、効果がはっきり確認できるまでには6ヵ月程度かかることが見込まれます。

作用期間

アボルブジェネリックの成分デュタステリドは、血液中の濃度が半分になる時間が14日間と、非常に長くなっています。これは作用が長く続き、効果も高くなるということですが、その反面副作用が多くなるという欠点にもつながります。

アボルブジェネリックの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

アボルブジェネリックを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★
ミノキシジルタブレット、フィンペシア、Lリジンの併用です。飲み始めて1年になります。3~6ヵ月目ごろのような大きな変化はおさまりましたが、毛の太さやコシの強さなどはそのままで維持できています。

前立腺肥大の症状もあるので、もう少し症状が緩和できればとの思いからフィンペシアをアボルブジェネリックに変えてみました。高いから何となく効きそうとの理由でしたが、今はまだ何となくいいのかな という段階です。継続します。

両方に効けばコスト的にもいいですね。作用は同じでもパワーがありますから、期待しましょう。

評価 ★★★★★
5年前ぐらいから頭のてっぺん当たりが薄くなりました。皮膚科へ行ってプロペシアを出されましたが、効果なし。次は有名な銀座のクリニックで、今度はプロペシアとミノキシジルの併用でしたが、これも効果がありません。

サイトのレビューを見てアボルブジェネリックを使い始めました。ミノタブは同じでリジンを追加しています。これでだいぶ改善されているように思えますので、続けて使っていこうと思います。

効果が見えてよかったですね。やはりDHTの抑制作用が違うのでしょうか。

評価 ★★★★
サイトのレビューを見比べて検討しました。よくない感想があまりかかれていないので、こちらを選びました。デュタスやデュプロストも飲んでみましたが、効果がもうひとつなのと、耐性が気になるので替えてみました。

気になる点があって、香港発送とのことだったのが、現品の発送元はシンガポールでした。商品が違うのではないかと心配です。効果があればそれでいいのですが。値段の点には満足しています。

効果が出るのが期待されます。耐性には引き続き注意しましょう。

評価 ★★★★★
フィンペシアとミノキシジルタブレットの併用です。もう1年ほど飲んでいます。最近になって、いったん毛が増えて喜んでいたのに抜け毛が目立つようになり、薄くなったので作用が強そうなこの薬を追加しました。

今は飲み始めてからまだ4週間過ぎたところで、特に副作用などはなく、体に異常も出ていません。髪の毛にも変化はありませんが、このまま様子をみながら続けて生きたいと思います。

追加ですか。耐性でしょうから、フィンペシアとスイッチのほうがいいのではないでしょうか。

評価 ★★★
ミノキシジルタブレットとフィンカーの併用で長年続けてきました。ミノキシジルは、発毛効果はありますが発毛と脱毛がひんぱんに起こります。フィンカーは私にはどうも合わないように思うのでアボルブジェネリックに変えました。

変えてからまだ一ヵ月足らずですが、髪の毛が太くなっています。柔らかだったのがコシも出てしっかりしています。それで効果をはっきりさせるため、ミノキシジルを止めてみます。しばらくこれとサプリで様子を見ようと思います。

変化が見えるので、効果が出ているということですね。まだ一ヵ月なので、今出ている効果はミノキシジルのほうみたいですね。

評価 ★★★★
フィンペシアからアボルブジェネリックに変更して、2ヵ月過ぎたところです。最初は2箱、お試しのような感覚で買ってみましたが、なかなかいいので今回の追加注文では3箱セットにしました。

値段も安くなったし、注文してからきっちり1週間で届きました。入手については何の問題もありません。今の状況は、新しく生えてくるという感じではなく、抜け毛が減ってきたという効き方です。半年後が楽しみです。

この薬の効果はまず抜け毛を防ぐことなので、狙い通りの効き方ですね。

評価 ★★★★
あちらこちらのサイトを回って、薄毛に関する情報を集めていました。そのうち5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型があるのがわかりました。エフペシアでは対応できない部分があるようなので、アボルブジェネリックに変更に変えてみました。

情報では副作用も強いような記事が目についたので心配でしたが、2ヵ月使っても何も出ないので、ひとまず安心です。髪の毛のほうはしっかりしてきたようなので、このまま続けて様子を見る予定でいます。

副作用がなければ、落ち着いて様子見ですね。即効性はないので、もうしばらくすれば効果も見えてくるでしょう。

定番サイトでもっとレビューを見る

アボルブジェネリック通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

アボルブジェネリックは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

アボルブジェネリックを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにアボルブジェネリックを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。(私は他のサイトで購入したことはありません)

アボルブジェネリックの取り扱い価格を比較してみます。

1箱30錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 2,738円 3,160円
2箱 4,348円 5,060円
3箱 6,005円 5,980円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする