⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

ミノキシジルタブレットとは?詳細を解説!

ミノキシジルタブレットは、高血圧治療薬として製造販売されたロニテンのジェネリック医薬品です。主成分としてミノキシジルを5mgまたは10mg含む錠剤です。

成分のミノキシジルは、高血圧の治療時に副作用として多毛が現われる事があります。この点が注目され、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として広く使われるようになりました。

日本では、本来の高血圧薬としてよりも内服用育毛剤としての需要が高くなっています。現在のところ医薬品未承認のため、オオサカ堂などの個人輸入代行会社から購入できます。

ミノキシジルタブレットの副作用を考察する!

riskpic_1

多毛症

高血圧症の薬であれば副作用ですが、AGAの薬としては所定の効果が発揮された状態といえます。ただ、生えてくる場所が頭皮だけではないので、目的外の部分については副作用ということになります。

しかし、生え方は全身毛だらけになるわけではなく、毛深いといった程度(個人差はあり)です。それもほとんどが衣服で見えないので、頭に毛がないのとは比べようもありません。

血圧低下

もともと降圧剤として作られた薬なので、飲むと当然血圧が下がります。低血圧の人が使うと下がりすぎて不整脈やめまい、動悸、ふらつきなどの症状が出てきます。

継続使用していると低血圧症となり、倦怠感、冷え性、下痢、便秘などの血行不良を原因とする症状が現われます。

ニキビ、肌荒れ

血管拡張作用によって皮膚が刺激されて細胞が活発になり、皮脂の分泌が多くなったり肌荒れが起こります。

眠気

ミノキシジルの服用では少し強い眠気が起こります。原因としては、薬を代謝するために肝臓に負担がかかって眠気が起こります。

また、血圧低下の影響でも眠くなります。車の運転をされる方は、運転前の服用は控えてください。

むくみ

ミノキシジルによって腎臓に負担がかかり機能を低下させることがあります。このため水分がたまってむくみになります。これとは別に、毛細血管で浸透圧の変化が起こって、水分がしみ出してたまり、むくみや体重増加が起こります。

顔に出る場合が多いのですが、心臓付近だと心臓が圧迫されて心機能低下が起こることがあります。

その他

副作用が現われる因果関係、頻度などは明らかではありませんが、起こるとされている症状は次の通りです。

  • 頭皮の痒み
  • 肝・腎機能障害
  • 性機能障害
  • 乳腺肥大
  • 頭痛
  • 意識障害
  • 手、足、顔のしびれ・痛み
  • 急速な体重増加

使用制限

重い副作用を発症する恐れがあるため、使用を控えるべき人は次の通りです。

  • 低血圧体質の人
  • 降圧剤使用中の人
  • がん治療中の人
  • 人工透析中の人
  • 飲酒中の人
  • 心臓、肝臓に病変のある人

ミノキシジルタブレットの効果を考察する!

hairpic_1

作用

毛の根元にある毛母細胞は栄養分を毛細血管から取り込み、細胞分裂することによって毛をつくり成長させます。ミノキシジルには毛細血管を拡張して栄養分を多く取り込み、毛母細胞を活発化させて毛の発生や成長を促す働きがあります。

吸収率

内服薬のため、成分が血液に入って直接毛根の毛母細胞に届くので、効果がより増大します。外用薬では皮膚表面から毛根まで浸透しにくく、成分の吸収率は低くなります。

即効性

外用ローションなどと比べると、体内で溶けて血流に乗り、すぐに毛根に到達し、短時間で効率よく毛根に働きかけます。

男女両用

ホルモンにかかわるタイプではなく、また妊娠に関する問題もないので、女性も使用できます。ただ、副作用の多毛への心配があるため、使用量は2.5mgにとどめるのが望ましいでしょう。

ただし、母乳に成分が移るので、授乳中の人は使用できません。副作用が強いので、妊娠中も控えるべきでしょう。

併用効果

髪の毛をもっと増やしたいと思い、ミノキシジルの使用量を増やすと副作用の危険性もより大きくなります。そのような場合は、タイプの違う薬を併用することで効果の増進が期待できます。

男性ホルモンの生成物によって、抜け毛や成長阻害作用が起こります。これを抑えるタイプの薬剤(プロペシアなど)があり、その一方でミノキシジルのような、毛の元になる細胞を活発にさせて毛が生えるのを促すタイプの薬もあります。

両方をあわせて使うことで、抜け毛を防ぎ発毛を促すという二つの効果を得ることができます。実際にミノキシジルタブレットを使っている人は、プロペシアなどと併用している人が大多数です。このため、輸入代行会社などでは両方のセット販売も行われています。

ミノキシジルタブレットの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

ミノキシジルタブレットを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
5mgをプロペシアとの併用で使い始めて4ヶ月めです。体調には何も異常はなく、先日人間ドックに行っていろいろ調べましたが、特にそれらしい異常は指摘されませんでした。

最初は頭が寂しくなったと感じたので飲み始めました。初めて3ヶ月ほどの間はやはり相当な抜け毛があり、頭を洗うと心細くなるほどでした。

4ヶ月たったころから抜け毛が止まり、髪の毛にボリューム感が出てきました。同時に体毛も増えたような感じです。手や腕のあたりですが。他には特に支障は出ていません。

4ヶ月でもう効果が出たのは早いですね。それぞれの効果が特徴的に現われています。

評価 ★★★★★
4ヶ月経過しました。今はフィンペシアとの併用ですが、最初はフィンペシアだけで始めました。抜け毛があったので様子を見ながら、2ヵ月目にミノキシジルタブレット5mgを半錠追加して飲み始めました。続いて3ヶ月目には1錠にして現在に至ります。

飲み始める前の写真を見ると、毛が生えているのがはっきりとわかります。周囲からも毛が増えていると言われます。効果に満足していて、今後も継続します。

何か実験しているように、慎重にスタートして様子を見ながら少しずつ増やして行きました。そのために何の問題も起こらず、いい結果になりました。

評価 ★★★★★
今54歳です。始めて1年経ったところですが、頭は30代半ば頃の状態です。
プロペシアから始まり、一か月経った頃からミノキシジルタブレットを追加で飲むようになりました。プロペシアは途中でエフペシアに変わり、併用状態が続いています。

初期のころ悩まされた副作用も、今では落ち着いています。今後は薬の耐性が出てくるでしょうが、使い方を工夫しながら続けたいと思います。

副作用を乗り越え、使い方にもいろいろ手を尽くされて成果が得られました。今後も工夫されるとのことなので、昔に戻ることはないでしょう。

評価 ★★
女性です。5mgで始めました。同時にロゲインの女性用2mgも使いました。使って2日目だったと思いますが、顔が赤くなっているのに気づきました。そのまま続けましたが赤い顔は治まらず、次第に日焼けのように色が濃くなりました。

効果はたしかにありました。でも体毛も濃くなり、特に口の周りに生えて、剃ってもすぐ生えます。これはどうにもなりませんので中止して、脱毛サロンへ行きました。高いので2回行っただけでしたが、現在は赤い顔も含めて元通りです。もちろん髪の毛も。

女性にとってまずい形で副作用が出ましたね。ロゲインとの併用ということは、どちらもミノキシジルが主成分です。同じ作用が重なったために副作用が強く出たのでしょう。ロゲインとの併用は避けて、2.5mgから気長に試してみてはどうですか。

評価 ★★★★★
私は元々外用タイプの育毛剤を使っていました。しかしいろいろ使っても、どれも頭がかぶれてしまいます。それで効果が出ないまま中断の繰り返しでした。タブレットとフィンペシアの併用に変えてからは、かぶれがないので続けられています。

使い始めから3ヶ月足らずですが、副作用らしい症状は出ていません。実は飲み始める前に自分の写真を撮りました。その写真と今に自分を比べると、確かに違いがあります。よくなっているのが自分の目で確信できたので、続けて飲むつもりです。

写真はいい方法ですね。はっきりと見てわかるので、自信がついて続ける励みになるでしょう。

評価 ★★★★
夫の話です。ミノキシジルタブレットを10mgで開始して4ヶ月たちます。1週間くらいしてから眠気が出るようになり、脚がむくんできました。そこで半分にしてみましたが変わらず、さらに2.5mgにして落ち着きました。1日1回です。

今のところ気づいた事といえば、髪の毛が強くなったように思えます。前は頼りないふにゃふにゃした毛でした。それと量もふえて、見た目が変わりつつあります。本人も変化を実感しているようで、何だか明るくなった気がします。

始めから10mgだとちょっと多かったのかもしれません。早めに決断して減らしたのがよかったのでしょう。副作用でやめてしまっては何にもなりませんから。

評価 ★★★★★
1年くらい前、ミノキシジルタブレット5mgとフィンペシア1mg併用で飲み始めました。一日2回です。3週目に眠気や頭重、むくみが出たので量を半減しました。このころリジンを加え3種体制になりました。

半年たった頃、髪の毛が増えているのを実感します。ムースが使えるようになりました。副作用はまぶたの腫れだけで、対策としてタブレットを1日2.5mgに減らしました。10ヶ月目、さらに1.25mgに減量しています。

以上の経過をたどり、現在は半年後の状態のままです。頭のてっぺんから後ろは満足できる状態になり、あとは前の部分の回復をめざして継続します。

順調な経過です。この薬は続けることが大切と言うことですね。まぶたの腫れは長いですから、一度受診をおすすめします。

定番サイトでもっとレビューを見る

ミノキシジルタブレット通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

ミノキシジルタブレットは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

ミノキシジルタブレットを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにミノキシジルタブレットを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。
(私は他のサイトで購入したことはありません)

ミノキシジルタブレットの取り扱い価格を比較してみます。

1箱100錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 3,390円 3,780円
2箱 5,105円 3,960円
3箱 6,491円 5,070円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする