⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

アレロックとは?詳細を解説!

アレロック錠は、抗アレルギー薬として開発されました。有効成分、オロパタジン塩酸塩を配合しています。アレルギー症状を引き起こすことで知られているヒスタミンをブロックする効果があり、第2世代抗ヒスタミン薬に分類されます。

日本でも、花粉症の治療薬や蕁麻疹の治療薬として、1年を通じて使用されている薬です。

アレロック錠は、ジェネリック品も多くのメーカーから既に発売されていて、ジェネリック医薬品は正規品のおよそ6割程度の低価格で購入することができます。

アレロックの副作用を考察する!

riskpic_1

副作用が起きるリスクが少ない薬といわれていますが、いくつか副作用が報告されています。その中でも眠気と倦怠感は、アレロックの副作用として一番多く報告されている症状です。

臨床データでも、使用した人の内7%の人に眠気の副作用がみられたことが報告されています。服用後は車の運転や、機械の操作などには十分注意が必要です。

その他、口の渇き、腹痛、吐き気、頭痛などの症状も確認されています。危険を伴う副作用ではありませんが、症状がひどい場合は早めに医師に相談しましょう。

重度の副作用

重い副作用が生じる可能性は少ないですが、まれに肝機能に影響を与える場合があることが確認されています。肝機能障害の初期症状としては、だるさ、食欲不振、発熱、吐き気、発疹、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色になるなどの症状が出る場合があります。

肝機能障害と思われる場合はすぐに医師の診断を受けてください。また、アレロック錠を長期間にわたって服用する場合は、念のため肝機能検査を定期的に受けることが勧められています。

さらに、因果関係は不明ですがアレロック服用中に心筋梗塞を発症した例も報告されています。腎臓や肝臓の弱い人、高齢者、何らかの持病を持っている人は慎重に服用してください。

その他の注意事項

アレロック錠の有効成分で過去にアレルギー症状を起こしたことがある人は服用できません。また妊婦に関しては安全性が未確立のため、有益性が危険性を上回ると判断された場合のみ服用可能となります。

さらに授乳中の場合も服用はできません。やむを得ない場合は授乳を中止してから服用します。妊娠している人、授乳中の人、いずれも医師に相談の上服用するようにしましょう。

アレロックの効果を考察する!

pillpic

アレルギー症状の発症には、ヒスタミンという体内物質が関与していると言われています。ヒスタミンが受容体と結合すると、さまざまなアレルギー症状が誘発されます。

アレロックの有効成分「オロパタジン」は、ヒスタミンの受容体をブロックすることにより、 アレルギー症状を緩和するという効果があります。

そのため、花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹や湿疹、皮膚のかゆみなどに有効です。花粉症に使用する場合は、予防として花粉が飛び始める前から服用を開始する場合もあります。

また、アトピー性皮膚炎に対しても、かゆみの軽減のために使用されることがあります。

成人を対象にした臨床試験では、アレロックのアレルギー性鼻炎への有効率は62.9%、蕁麻疹への有効率は80.6%、湿疹・皮膚炎に対する有効率は74.6%という結果が報告されています。
【参考サイト:http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/230124_4490025F1023_1_25#CONTRAINDICATIONS

このように、アレルギー症状改善効果の高い医薬品であると言えます。

アレロックは服用後、約1時間ほどで効果が現われます。また、1回の服用で効果は12時間持続すると言われていますので、1日2回の服用ですみます。ただし、飲み忘れがあると効果が弱まる可能性がありますので、用法・用量通りに服用を続けることが大切になります。

アレロックの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

アレロックを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
アレロックを、夫婦でそれぞれ服用しています。私は花粉症による鼻炎症状を改善するために使用しています。鼻炎に関しての感想は、私の場合は即効性はあまり感じられませんでした。でも効果はしっかり出ていると思います。妻の場合は、蕁麻疹がよく出るので蕁麻疹対策で使用しています。蕁麻疹にはよく効いているようです。

ご夫婦でそれぞれの症状に使用できるので助かりますね。即効性は感じられなかったようですが、鼻炎と蕁麻疹にはしっかり効果があるようです。

評価 ★★★★★
花粉症の症状がひどく、去年は1月から7月までの間アレロックを病院で処方してもらっていました。今年もアレロックを使用したかったのですが、お財布事情が少し厳しいなと思って、通院はせずにアレロックのジェネリックを購入してみることにしました。

経済的にもとても助かりました。安心して使用することができています。

花粉症のつらい症状、時期も長くなる場合があるので、薬の使用も経済的負担があります。ジェネリックだと、長期間の服用も安心して続けられますね。

評価 ★★★★★
食品アレルギーがあるため、その症状改善のためにアレロックの服用を始めました。程度は軽いですが花粉症もあるため、最近は花粉症対策としても服用しています。どちらにも使えるのでとても便利です。

私の場合は軽い症状なので、就寝前に一粒を飲むようにしています。そうすると、しっかり眠れて、次の日の花粉症症状もかなり楽になってとてもいいです。

食品アレルギーにも効果があるとのことです。花粉症に関しても就寝前に服用することでよい効果を感じておられるようです。

評価 ★★★★★
花粉症改善のための使用です。花粉症の時期にリピートして使っています。病院での待ち時間なく薬を購入できるのでとても便利で感謝しています。

今はジェネリックを使っていますが、正規品と比べて効果の違いは特にありません。ただ、アレロックは睡眠薬のようにかなり眠気がきます。それで今は寝る前に飲むようにしていますが、一日効果が持っています。

花粉症の時期、病院に行かずに薬を買えるとその分時間の節約にもなってストレスも減りますよね。副作用の眠気が強く出ておられるようですが、飲む量とタイミングを調整してうまく対処しておられます。

評価 ★★★★
花粉症持ちです。それと、もともとアレルギー体質で皮膚に出やすいためこれまで長い間アレロックを服用してました。コストがかかってしまうので、今回アレロックジェネリックを購入してみました。

今回初めてなので、試しに30錠のものを購入してみましたがアレロックと効果は変わりありません。眠気も強く出ることはないので安心して使用できています。

アレロックジェネリックでも、アレロックと同じ効果を実感して使用を継続しておられる方が多いようですね。この方の場合は、眠気もあまり出らずに快適に使用しておられます。

評価 ★★★★★
アレルギー性鼻炎があるため、アレロックを使用しています。アレロックを飲まなかったら、毎朝大変です。アレルギー性鼻炎に加えて、ダニアレルギーもあるため特に朝は鼻水がすごかったのですが、これを飲んでいたら朝鼻水が出なくなりました。

かなり効果を実感しているので、これからもずっとリピートしたいと思っています。

ダニアレルギーや、動物アレルギー対策で使用しておられる方も多いようです。朝、楽に起きることができると嬉しいですね。

評価 ★★★
前回使用してみて、再度リピートしてもう一度購入してみました。でもやっぱり私の体には合っていないのか、飲んでもあまり効果がみられません。副作用の眠気も起きないし、価格の面でも負担が少ないので気に入っていて、効果があればとても嬉しかったのですがとても残念です。

次回からは別のお薬を試してみようと思います。

効果も副作用の出方も個人差があります。どんな薬でも服用の際は、自分の体質に合わせて、自己判断が必要になります。

定番サイトでもっとレビューを見る

アレロック通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

アレロックは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

アレロックを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにアレロックを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。
(私は他のサイトで購入したことはありません)

アレロック(ジェネリック)の取り扱い価格を比較してみます。

オオサカ堂 アイドラッグ
30錠 1,529円 1,320円
60錠 2,619円 2,170円
100錠 2,940円 3,080円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする