⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

ピラセタムとは?概要を解説!

ピラセタムは、スマートドラッグと呼ばれる薬の一つです。スマートドラッグとは、人間の脳の機能や能力を高めたり、認知能力や記憶力を高める薬の総称で、「頭のよくなる薬」とも呼ばれています。

元々はアルツハイマーの治療薬として開発された薬ですが、記憶力や意欲を高めたり、脳の老化を防止する効果があることが知られるようなり、アメリカやヨーロッパで人気となりました。

現在、アメリカでは主にサプリメントとして販売されていますが、ヨーロッパでは医師が処方する薬として多く用いられています。日本では病院で処方されることはありませんが、厚生労働省にも認可されていて、通販で購入することが可能です。

ピラセタムの副作用を考察する!

riskpic_1

ピラセタムの副作用はほとんど報告されていません。ピラセタムを服用することにより、不眠や眠気、頭痛、胃痛、興奮などの症状が出る場合があることが確認されていますが、どれも軽い症状であり一時的なものです。

どの薬についてもいえることですが、もし重篤な症状が出た場合には、すぐに医師の診察を受けてください。

コリンとの関係

上記に挙げたような、ピラセタムを服用している際に出る副作用のような症状は、コリンの不足が不足してしまうために生じている場合があります。

プラセタムを服用している状態では、脳の機能に重要な役割を果たしている栄養素であるコリンをたくさん消費してしまうのです。そのため、ピラセタム服用時、または副作用のような症状が出た場合には、コリンのサプリメントを併用して服用することによって、症状が緩和されるようです。

禁忌

16歳未満の人は使用が禁じられています。脳出血が確認されている人、または脳出血が疑われる人は、脳出血を悪化させる恐れがあるため使用できません。またピラセタムは、ほぼ腎臓で排出されるため、腎臓機能障害がある人も使用できません。

肝臓機能障害のある人も肝障害が悪化するおそれがあるため使用を控えてください。それらの既往のある人も使用不可です。

まとめると、

  • 16歳未満はダメ
  • 脳出血の疑いがある人はダメ
  • 腎機能障害の人はダメ
  • 肝機能障害の人はダメ

使用する際の注意

ピラセタムには血小板凝集抑制作用がありますので、止血剤を使用している人や大きな手術をする人などが使用する際には注意が必要です。

妊婦や授乳中の女性は、医師の指導のもとにある場合を除き、安全性が確証されていないという理由から、服用は推奨されていません。

また、副作用がないといっても、大量の服用は危険です。肝臓に負担がかかる場合があります。大量の服用によって、記憶障害や混乱を起こすといった例も報告されています。服用する際は、用量を守って計画的に服用することを心掛けましょう。

ピラセタムの効果を考察する!

studypic_1

ピラセタムは、脳の血流量と酸素消費を増大させることで、脳の機能を高める効果があります。それによって、記憶力や集中力を向上することができると言われています。さらに、大脳の左半球よ右半球の疎通を促進するので、創造力などの知的能力を高める効果も期待できます。

アメリカでは学生が試験勉強のために服用するのも珍しくないと言います。ピラセタムはその効果から、認知症や失読症、さらにはアルコール中毒の治療などに使用されることもあるようです。

服用してから効果が出るまでの時間と効果の持続時間については、ピラセタム服用後1時間くらいで効果が出始め、5,6時間効果が持続するとされています。そのため、服用回数は1日3回となっています。

ピラセタムは、一緒に栄養素の「コリン」、またビタミンB群の一種「パンテトン酸」を取り入れることで効果を高めることができると言われています。サプリメントやバランスの良い食事でこれらの栄養素を取り入れることにより、効果を高めることができます。

反対に、ピラセタムを水ではなく、コーヒーや紅茶といったカフェインが含まれているものと一緒に飲んでしまうと効果が弱くなってしまいますので注意しましょう。

ピラセタムの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

ピラセタムを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★★
ピラセタムを服用した時は、雑念がなくなって頭がすっきりとした感じになります。急かされているというような気持ちがなくなって、すごく落ち着きます。

落ち着いた状態で、作業に集中することができるので、ちょっと疲れたから休もうとか、もう終わりにしようと思うこともなくなりました。集中力を高める効果が素晴らしいです。

急ぎの仕事に限って、気持ちが焦ってうまくいかないという事があります。そんな時に落ち着いて作業できたら、かなり効率があがりますよね。そういう場面で使ってみるのもいい方法ですね。

評価 ★★★★★
今は、リピートして4箱目です。試行錯誤して、服用の時間帯やタイミングを決めました。仕事の日は、朝7時半頃に服用すると9時頃にはすごくいい感じにエンジンがかかっていて、昼休憩までしっかり頑張れます。そして、昼休憩時に次の服用。仕事が終わる18時までしっかり集中できます。残業になって薬を忘れてたら、電池切れして頭がグダグダになります。

大豆系や野菜を一緒にいっぱい摂取した日などは特に一日中元気いっぱいです。効き目は個人差があるとは思いますが、薬に加えて栄養素をしっかり摂取する事がお勧めです。

自分のライフスタイルに合わせて飲む時間やタイミングを決めたら、毎日頑張って仕事ができそうですね。一日中元気でいられるのは素晴らしいことです。

評価 ★★★★★
抗うつ薬の服用によって一時的ですが読字障害になりました。さらに、ADHAなので集中力が切れやすく論文を書かないといけないときなど困っていました。それでピラセタムを注文してみることにしました。

今はレッドブルとピラセタム2錠という組み合わせで服用しています。いつもだったら20分くらいで集中力が切れてしまっていたのが、服用し始めてからは4~6時間は平気で集中していられます。これからも続けていきたいと思います。

4~6時間も集中できるなんてすごい効果だと思います。病気を持っておられる方でも安心して服用できるところがいいですね。

評価 ★★★★
気合いを入れたい時や、集中力を高めたい日に服用しています。私の場合はコリンと併用して使っています。初めのうちは、慣れないせいか逆に興奮しすぎてしまうということがありました。でも、数度服用するうちに慣れてきました。

毎日継続して服用しているわけではありませんので、まだ確かな効果は分かりませんが続けていきたいと思っています。

この方は始めのうちは少し興奮状態になってしまったとのことです。でも、すぐに慣れてくるみたいなので一時的にこのような症状が出ることがあっても心配はなさそうですね。

評価 ★★★★★
リピート使用中で、現在で3箱目になります。父親の認知症の改善ができればと思って購入しています。コリンも一緒に併用しています。父親の認知症に関しては、かなりの効果を感じることができています。

先日行なった認知度を計測するテストでは、前回70点だったのが、今回は80点以上と、かなりの向上をみることができました。

認知症の改善にも効果が見られるようですね。このように数値で実際の効果が分かると嬉しいですね。

評価 ★★★★
今回購入したピラセタムが、はじめてのスマートドラッグの使用になりました。ピラセタムを使用しはじめてからまず感じた効果は、頭の中がはっきりとしてくるということです。

心配していたのが副作用ですが、まったくなさそうな感じなので安心して使う事ができています。はじめての購入でしたが、買ってよかったなと思います。

初めての購入の場合は副作用が気になるところですが、ピラセタムは副作用の報告がほとんどありませんね。ピラセタムの購入を考えておられる、という方は是非参考になさってくださいね。

評価 ★★★
1日1錠を服用しています。飲んでいくにつれて慣れてはきましたが、最初は粒の大きさと色に、少し抵抗を感じてしまいました。慣れてしまえば問題ありません。飲んで感じた効果は、少し頭がスッキリする感じです。

副作用は特に感じませんでした。たまに頭痛薬を飲むほどではありませんが、たまに頭が痛くなる時があります。

頭痛などは、個人差があるようです。慣れるまでは粒の大きさが気になる方もおられるようですので気を付けて服用してくださいね。

定番サイトでもっとレビューを見る

ピラセタム通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

ピラセタムは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

ピラセタムを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにピラセタムを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。
(私は他のサイトで購入したことはありません)

ピラセタムの取り扱い価格を比較してみます。

1箱30錠
オオサカ堂 アイドラッグ
2箱 2,917円 2,770円
4箱 5,281円 5,120円
8箱 9,755円 9,660円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする