⇒ これはヤバイ!副作用の有無など100件以上の口コミ・体験談!?

ヤズとは?詳細を解説!

ヤズ(ヤーズ)はバイエル薬品が製造販売している超低用量ピルです。2010年に発売された比較的新しい薬です。

有効成分はドロスピレノン(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)。月経困難症の治療に使われます。ヤズは今までの低用量ピルにはなかった「ドロスピレノン」を配合していることが大きな特徴です。

また、卵胞ホルモンの量も今までで最も少ない0.02mgしか含まれていません。24錠のヤズと4錠の偽薬(プラセボ)が1シートになっています。

ヤズの副作用を考察する!

riskpic_1

ヤズは従来の低用量ピルより副作用が少ないと言われていますが、それでもまったくないわけではありません。低用量ピル同様、「血栓症」という重大な副作用には注意が必要です。服用してはいけない人や慎重に服用しなければいけない人も多くいます。

ヤズの副作用に関しては、410例中371例に副作用が認められたという臨床試験データがあります。それによると主な副作用は、多いものから下記のようになっています。

  1. 頭痛(約41%)
  2. 悪心(約30%)
  3. 不正子宮出血(25%)
  4. 凝固検査異常、性器出血(いずれも約20%)
  5. 月経痛(19%)
  6. 下腹部痛(11%)

【参考サイト:http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630004_2482011F1020_1_10.pdf

これ以外にも多くの副作用が発現していますが、今までの低用量ピルでよく見受けられた「むくみ」の頻度は低くなっています(1%未満)。主な副作用である頭痛、悪心、不正子宮出血はヤズの飲み始めに起こることが多く、次第になくなっていく場合はほとんどです。

ですが、血栓症だけはそう簡単になくなるものではありませんし、命に関わることもあるため十分に気をつけなくてはいけません。血栓症の主な自覚症状はふくらはぎの痛みや腫れ、突然の息切れや胸痛、激しい頭痛、舌のもつれ、手足のしびれや脱力等です。

約20%の症例で「凝固検査異常」が確認されています。この検査は血栓症の傾向があるかどうかの指標になります。自覚症状がなくても定期的な血液検査をうけることが大切なのです。

ヤズの効果を考察する!

pillpic

ヤズの効能・効果は「月経困難症」です。1日1錠を毎日できるだけ同じ時刻に、28日間服用します(最初の24錠がヤズ、残りの4錠がプラセボ)。これを1周期とし、29日目からまた次の周期を開始し、繰り返します。

月経困難症とは生理痛のことですが、避妊やPMS症状の緩和、またニキビの治療としても使われています。

ヤズは新しいタイプのピルです。従来の低用量ピルでは卵胞ホルモンが0.03mg~0.04mg配合されていますが、ヤズはさらに少ない0.02mgです。

ピルでよくみられる「吐き気」は卵胞ホルモンが原因ですので、ヤズであれば吐き気が起こらず服用が続けられるかもしれません。また、0.02mgでもきちんと服用すれば、従来のピルと同様の避妊効果が得られます。

また、ヤズに配合されている黄体ホルモンは、構造が体内にある黄体ホルモンとよく似ていることに加え、利尿作用もあることから、他のピルで出やすかったむくみが出にくいと言われています。むくみでピルを断念した人も、ヤズなら続けられる可能性が高くなります。

つまりヤズは、今までの低用量ピルよりも副作用が出にくく、効果はいままで通りという薬なのです。

ヤズの【体験者】の口コミ・評判は?

reviewpic_1

ヤズを実際に体験した人のレビューを紹介していきます。体験していない口コミではありません。2chでは体験していない人も投稿できますが、ここで紹介する口コミは某サイトで購入した人しか投稿できない内容です。

2chやYahoo!知恵袋より信頼の高い口コミとなります。一部だけ紹介しますので、続きが見たい人は口コミ最後のボタンから続きをご覧ください。

評価 ★★★★
昔から生理痛がひどくて、毎月生理の初日は寝込むほどでした。また、周期もばらばらでいつくるかわからない不安もありました。ヤズを飲んでからは生理休暇をとることもなく仕事に行くことができています。はじめの数ヶ月は婦人科で処方してもらっていたのですが、こちらで買うと病院の半分の値段で済むので助かっています。

生理痛がひどいと外にも出られない程です。毎日服用するものだからこそ効果もさることながら価格も重要ですよね。

評価 ★★★★★
子宮内膜症の痛みがひどくて使用しています。パッケージが日本語でも英語でもないので初めは不安になりますが、中身は病院で処方されるヤーズと同じでした。私には効きます。痛みはだいぶおさまります。定期的に婦人科には行っているので、検査はしていますがいまのところ異常はないですし、自覚できる副作用もないので合っているのだと思います。

子宮内膜症もひどいと動けないほどの痛みのようです。副作用もなく子宮内膜症もコントロールできているようで良かったですね。

評価 ★★★★
以前はマーべロンでしたが、手足に痺れが出てしまって、ヤズに変えました。はじめは順調でしたが1シート目のプラセボになったとたんに頭痛が出てしまいました。続けるか悩みましたが、マーべロンより出血量が減ってすごく楽になったしプラセボは4日間だけなので2シートまでがんばろうと思って飲んだら、2シート目は頭痛が出ませんでした。とりあえずホッとしてます。コスパもいいのでこのまま続けたいです。

頭痛は痛みの差こそあれ、服用した人の4割に出ている副作用です。2シート目は頭痛はなかったようですし、一時的なものと考えられます。

評価 ★★★★★
もう2年くらいヤズにお世話になっています。婦人科で手に入るピルはほとんどといっていいくらい試しましたが、ヤズが一番太らないと思います。最初の頃は不正出血がありましたが今は安定してきました。私はシートに曜日を書き込んで、寝る前に飲むようにしています。また血栓症予防に効果があるかわかりませんが、外出するときは弾性ストッキングをはくようにしています。

弾性ストッキングは足を適度に圧迫するため、血栓症予防と言うよりむくみ予防になります。曜日を書き込んで服用し忘れないようにするのは良い方法ですね。

評価 ★★★
1度だけ、ほかのピルにしたら便秘になってしまったのでヤズにまた戻りました。PMSで飲んでいますがイライラが少しマシになった気がします。もともと症状がひどかったので、マシになった程度の効果しかありませんが、ニキビは激減しました。少しずつですが肌のキメも整ってきたように感じます。本当はPMSの症状に効いてくれるほうが嬉しいのですが。もうすこし続けてみます。

ヤズは海外ではニキビの治療にも処方されています。人によって効果のある症状とそうでない症状があるのでしょうか。副作用がなければ気長に服用をしてみてください。

評価 ★★★★★
20代前半から生理痛がひどくて婦人科に通っていました。古い世代の薬を処方されていたようで、吐き気がひどくてあまり飲めず、毎月鎮痛剤を飲んでやり過ごしていました。30代になって久しぶりに病院に行ったところ、ヤーズを処方され、飲んでみたらまったく吐き気もなく生理の痛みもだいぶ軽くなりました。忙しくてなかなか病院には行けませんが、ネットで同じものが購入できるのでありがたいです。

吐き気が出ずに服用できているようですね。ヤズは最近のピルです。一番古いピルは1960年代に開発されていますから、かれこれ半世紀以上経っています。副作用の少ないピルがあって当たり前なのかもしれませんね。

評価 ★★★★★
初めはだらだらと出血が続きました。でも想定内でしたのであまり気にしませんでした。もうすぐ飲み始めて1年たちますが、生理がすごく楽になり快適に過ごせています。肌も見違えるほどキレイになりました。副作用もないし、効果も抜群、診察にいく手間も省けてお安いので言うことありません。また利用させてもらいます。

不正出血があることも、服用する前から知っておくとあわてなくて済みます。肌のためだけに何かを続けるのも大変です。ヤズで生理も楽になって肌もきれいになれるなんて一石二鳥ですね。

定番サイトでもっとレビューを見る

ヤズ通販の危険性について

通販ではなく、個人輸入

ヤズは海外の医薬品になります。「通販で購入」ではなく「個人輸入で入手」というのが正しい表現になります。「海外の医薬品を個人輸入するのは違法じゃないの?」という話になりますが、厚生労働省のホームページにこう書かれています。

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

つまり、個人輸入したものを他人に譲ったら違法です。自分で使うのなら合法です。例えば、女性専用の商品を男性が個人輸入することはできません。あくまで、自分だけが使用する目的であれば、海外の医薬品を個人輸入することは認められています。

個人輸入する上での注意点

ただ、個人輸入する上で注意することがあります。それは品質が保証されていないこと。日本国内で安全性が認められていない商品がほとんどです。とはいえ、製造国では認められています。認可基準の違いをどう受け止めるかは自己責任になります。

また、万が一に健康被害があったとしても自己責任になります。そうしたリスクを理解して個人輸入するのであれば、「自己責任でどうぞ!」というのが現状の法律となります。

ヤズを個人輸入する方法

buypic_1

自分で海外の会社から個人輸入するのは、考えただけでも大変……。では、どのようにヤズを個人輸入しているかというと、ほとんどの人は代行会社を利用して入手しています。簡単に言うと、個人輸入をお手伝いする会社です。通販会社ではありません。

日本国内に在庫を置いて発送していたら、その会社は違法会社です(他の人に売っているため)。個人輸入の代行サイトと通販サイトの違いは理解できたでしょうか。あくまで、代行業務だけなので、利用する私たちの「自己責任」は変わりません。

では、どこの代行サイトが一番利用されているかというと、「オオサカ堂」というサイトです。創業19年の老舗サイトです。送料や代行手数料は、表示価格に含まれているので、それ以上のお金はかかりません。ただし、決済方法が「代金引換」「銀行振込」の場合は、代引き手数料、振込手数料は自己負担になります。

オオサカ堂の利用者が断トツですが、次に利用者が多いと言えば「アイドラッグストアー」でしょう。こちらも低価格で代行してくれます。

代行サイトはたくさんありますが、安全性と信頼性が高いのは、この2サイトでしょう。
(私は他のサイトで購入したことはありません)

残念ながらアイドラッグストアーには、ヤズの取り扱いがなかったため、オオサカ堂だけの価格表を載せておきます。

1箱28錠
オオサカ堂 アイドラッグ
1箱 2,075円
3箱 4,731円
6箱 8,325円

海外の商品なので、価格は為替の影響で変動します。ですので、円高の場合は結構お得になります。最新の価格や利用者の感想などは、下記ボタンからチェックしてみてください。

最新の価格と口コミをチェックする